集水面積とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 面積 > 集水面積の意味・解説 

集水面積

降雨集水することができる部分投影面積をいいます。

集水面積

集水面積とは流域面積ともいい、砕石場のある地点雨水流下してくる周囲地域広さをいい、その地点基点とした稜線で囲まれた範囲をいう。

集水面積 (しゅうすいめんせき)

 河川のある地点について、降雨がその地点流出する全領域集水区域、または集水域といい、その面積を集水面積といいます。



集水面積と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「集水面積」の関連用語

集水面積のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



集水面積のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2019 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。

©2019 Weblio RSS