随神門とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 神道用語 > 随神門の意味・解説 

随神門(ずいしんもん)

随身とも書く。神域邪悪なものが入り来るのを防ぐ御門の神をまつる門。

随身

(随神門 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/14 22:52 UTC 版)

随身(ずいじん)とは、平安時代以降、貴族の外出時に警護のために随従した近衛府官人令外官


  1. ^ これに対して儀式で使う以外に実用性のないものを儀仗といった。


「随身」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「随神門」の関連用語

随神門のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



随神門のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2021 (C)Okayamaken Jinjacho
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの随身 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS