藺草座織機とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 藺草座織機の意味・解説 

藺草座織機 (いぐさざおりき)

藺草座織機 イグサ用いて畳表を織るための木製人力織機である。織る人は腰掛けて、手で操作する。手前に置いてある細長いものは畳表用筬(おさ)と言い経糸たていと)の整列経糸の間を通ってきたイグサの地締め役目をする部品である。福井県南部及び北部使用され、一日畳表3位を織る。笠木長さ161cm、筬の長さ170cm、いさしの長さ90cm、の高さ122cmである。昭和前期から35年頃まで使用された。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

藺草座織機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藺草座織機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2019 Weblio RSS