若林鉱とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > 若林鉱の意味・解説 

若林鉱(Wakabayashilite)

若林鉱
群馬県甘楽郡下仁田町西ノ牧鉱山
(As,Sb)11S18 画像の幅約3.5mm

赤い鶏冠石黄色針状結晶の若林鉱です。
1970年群馬県の西ノ牧鉱山(とアメリカWhite Caps鉱山)で発見された鉱物で、
鉱物学者若林弥一郎博士にちなん名付けられました。

若林鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/08 19:23 UTC 版)

若林鉱(わかばやしこう、 Wakabayashilite)は、1970年に発表された新鉱物で、国立科学博物館鉱物学者加藤昭などにより、群馬県の西ノ牧(にしのまき)鉱山で発見された[1]化学組成は(As,Sb)11S18で、単斜晶系三菱鉱業の鉱物学者で、コレクションも残した若林弥一郎の業績をたたえて命名された。


  1. ^ Kato, A. et al. (1970): Wakabayashilite (As,Sb)11S18. in Introduction to Japanese Minerals. Geol. Surv. Japan, 92-93.


「若林鉱」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「若林鉱」の関連用語

若林鉱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



若林鉱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2020 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの若林鉱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS