箆棒とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 箆棒の意味・解説 

べら‐ぼう〔‐バウ〕

[名・形動

程度がひどいこと。はなはだしいこと。また、そのさま。「今日はべらぼうに寒い」「べらぼうな値上がり

普通では考えられないようなばかげていること。また、そのさま。「そんなべらぼうな要求はのめない」

人をののしっていう語。たわけ。ばか。「何をぬかすか、このべらぼうが」

[補説] 語源は、寛文(1661~1673)末年ごろ、見世物評判になった、全身真っ黒で頭はとがり、目は赤く丸く、あごがのような奇人便乱坊(べらんぼう)」「可坊(べくぼう)」からという。「篦棒」は当て字


箆棒

読み方:ベラボウ(berabou)

人をあざけりののしっていう



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「箆棒」の関連用語

箆棒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



箆棒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS