箆棒とは?

べら‐ぼう〔‐バウ〕

[名・形動

程度がひどいこと。はなはだしいこと。また、そのさま。「今日はべらぼうに寒い」「べらぼうな値上がり

普通では考えられないようなばかげていること。また、そのさま。「そんなべらぼうな要求はのめない」

人をののしっていう語。たわけ。ばか。「何をぬかすか、このべらぼうが」

[補説] 語源は、寛文(1661〜1673)末年ごろ、見世物評判になった、全身真っ黒で頭はとがり、目は赤く丸く、あごがのような奇人便乱坊(べらんぼう)」「可坊(べくぼう)」からという。「篦棒」は当て字


べら‐ぼう ‥バウ 【便乱坊・篦棒 ボウ

1 江戸時代寛文一六六一七三末年から延宝一六七三八一初年にかけて、見世物評判をとった奇人容貌きわめて醜く、全身真っ黒で、頭は鋭くとがり、眼は赤くて円く、あごはのようで、愚鈍なしぐさを見せ観客笑いを誘ったという。

2 〔名〕

① ばかな人。たわけ。ばか。あほう。多く、人をののしっていう語。これに接尾語「め」が付いて「べらぼうめ」となり、さらに音が変化して、江戸ことばの「べらんめえ」となる。

狂歌卜養狂歌集(1681頃)「この竹をけづりてごくを押つぶす、これぞまことのそくひべらぼう

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)三上「ヱヱつくなといふにべらぼうめ

② (形動) ばかなさま。ばかげているさま。また、そのようなこと。でたらめ。

雑俳柳多留一一(1776)「べらぼうな夫を持って御仕合

滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「べらぼう云や。雪女を連て来りゃア、途中で解て終はア」

③ (形動あまりにはなはだしいさま。むやみやたら法外

滑稽本戯場粋言幕の外(1806)下「べらぼうにごたくをつくが」


箆棒

読み方:ベラボウ(berabou)

人をあざけりののしっていう



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「箆棒」の関連用語

箆棒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



箆棒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS