狡兎死して走狗烹らるとは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 出典別 > 史記 > 狡兎死して走狗烹らるの意味・解説 

狡兎死して走狗烹らる

読み方:こうとししてそうくにらる
別表記:狡兎死して良狗烹らる狡兎死して走狗煮らる

すばしっこい兎がいなくなることで、獲物を失った優秀な猟犬不要となり、煮て食われてしまうということ転じて重用されていた部下能力発揮できる場や対象がなくなると無価値見なされるという意味で用いられる。もとは「史記」に由来する故事成語で、敵国が滅べば功臣不要とされることを喩えたもの。「狡兎」は脱兎と同様素早い動物喩え飛鳥尽きて良弓蔵る

狡兎(こうと)死して走狗(そうく)烹(に)らる

《「史記」越王勾践世家から》うさぎが死ぬと、猟犬不要になり煮て食われる敵国滅びたあとは、軍事尽くし功臣不要とされて殺されることのたとえ





狡兎死して走狗烹らると同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「狡兎死して走狗烹らる」の関連用語

狡兎死して走狗烹らるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



狡兎死して走狗烹らるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS