片親パンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 片親パンの意味・解説 

片親パン

読み方:かたおやパン

「片親パン」とは、片親貧困家庭の子どもが食べていそうな安価でがたくさ入った5個入りアンパンやチョコスティックパンなどのことを意味する差別的な表現

2021年10月ころにTwitter投稿され内容発祥といわれており、さらに2022年TikTok動画などで取り上げられた後、2023年入ってからまとめサイトなどで取り上げられたことによって炎上して拡散した
もともとは差別的な意図がなく使われ言葉であったが、多くの人にとって想像することができる「ひどい表現」だったため、使うべきではない差別用語として扱われることが多い。
なお、同時期には、「和室界隈」や「アフガキ」、「負け組ランドセル」などといった貧困に対す差別用語次々とまとめサイトに「Z世代差別用語」として取り上げられる事態になった



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

片親パンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



片親パンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS