汎発性腹膜炎とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 汎発性腹膜炎の意味・解説 

汎発性腹膜炎

読み方:はんぱつせいふくまくえん

腹膜炎のうち、病因直接炎症を引き起こし部分だけでなく、腹膜全体にわたり炎症が広がっている症状のこと。一般的に激痛を伴うことで知られる。

腹膜全体炎症起こしている汎発性腹膜炎に対して炎症一部分に止まっているものを「限局性腹膜炎」という。

腹膜炎は他の臓器発生した疾患などの影響によって発生しやすい例えば、急性垂炎により虫垂穴があく穿孔)などが生じることで、腹膜細菌感染し、腹膜炎に至ることがある




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「汎発性腹膜炎」の関連用語

汎発性腹膜炎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



汎発性腹膜炎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS