水分を取るとは? わかりやすく解説

水分を取る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 01:25 UTC 版)

風邪」の記事における「水分を取る」の解説

発熱による発汗増えることもあるので水分十分に取る。風邪をひくと体温が上がり目に見える形での汗は減少するが、皮膚からの水分喪失主体である不感蒸泄増加する電解質補いながらの水分補給は必要である。ただし心不全腎不全を持つ危険のある高齢者の場合は、過剰にならないように注意する必要がある

※この「水分を取る」の解説は、「風邪」の解説の一部です。
「水分を取る」を含む「風邪」の記事については、「風邪」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「水分を取る」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水分を取る」の関連用語

水分を取るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水分を取るのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの風邪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS