幼年期地形とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 地形 > 幼年期地形の意味・解説 

よう ねんき ちけい えう- [6] 【幼年期地形】

地形輪廻りんね初期地形隆起した準平原浸食始まり峡谷発達し、谷頭や谷壁では激しく下刻するが、まだ開析されない平坦面が広く残る。

地形輪廻

(幼年期地形 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/09 06:28 UTC 版)

地形輪廻(ちけいりんね)とは、河川侵食により地形が変化して行く過程のこと。侵食輪廻(しんしょくりんね)とも言う。アメリカのウィリアム・モーリス・ディヴィスが提唱した。






「地形輪廻」の続きの解説一覧





幼年期地形と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「幼年期地形」の関連用語

1
34% |||||

幼年期地形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

白鉛鉱

小野道風神社

熊本ラーメン

サワー

らくらくホン ベーシックS

阿蘇くじゅう国立公園

潮岬灯台

ビル・ゲイツ





幼年期地形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地形輪廻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS