大禍時とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 大禍時の意味・解説 

おおまが‐とき〔おほまが‐〕【大禍時】

大きな災い起こりがちな時刻の意から》夕方薄暗いとき。たそがれどき。逢(お)う魔が時。


おおまが‐とき おほまが‥ 【大禍時・大魔時・逢 あふ 魔時・王 ワウ 莽時】

〔名〕 (「おおまがどき」「おうまがとき」とも。大きな禍(わざわい)の起こる時刻の意) 暮方薄暗時刻たそがれ。「が」が助詞、「ま」が「魔」と意識され、さらに「魔に逢う」の意識も生じて「大魔時」「逢魔時」とも、また、漢の王莽(おうもう)に付会して「王莽時」とも書かれた。おうまどきおおまどき。〔譬喩尽(1786)〕

糸女覚え書(1923)〈芥川龍之介〉「この日の大凶時(オホマガドキ)、は御庭前金色十字架天下るさまを夢のやうに眺め候よし」


おおま‐どき おほま‥ 【大禍時】

〔名〕 =おおまがとき(大禍時)

雑俳柳多留‐七(1772)「花よめを引ずり廻すおふま時」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大禍時」の関連用語

大禍時のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大禍時のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS