呻くとは?

すた・く【×呻く】

[動カ四]《「すたすた」の「すた」の動詞化。「すだく」とも》あえぐ。すためく

「声いきどしく—・きながら」〈浄・関八州繋馬


う‐め・く【×呻く】

[動カ五(四)《「う」は擬声語。「めく」は接尾語

痛さ苦しさのあまり、低い声をもらす。「下腹押さえて—・く」

などが低くうなる。「番犬が—・く」

嘆息する。ため息をつく

「—・きたる気色(けしき)も恥づかしげなれば」〈源・帚木

苦心して詩歌作り出す苦吟する。

あまたたび誦(ずん)じて、—・きて返し」〈大鏡後一条院〉


う‐め・く【呻】

〔自カ五(四)

嘆息声をあげるためいきをつく

(10C終)七四「『あな』と高やかにうちいひ、うめきたるも」

苦心して詩歌作り出す苦吟する。

(10C終)八七「をかしうよみ出でて、人にも語り伝へせんとうめき誦(ずん)じつる歌も」

③ 牛やなどが低くうなる。

今昔1120頃か)二六「(いぬ)か何ぞ思ゆる者の声にてうめく音(こゑ)聞ゆ

大声を出す苦痛などでうんうんうなる。わめく。

御伽草子福富長者物語室町末)「いと黒きゐどころ引上られてうめくを」

(5) 金銀多く蓄えられている。多く「うめくほど」という形で使われる。うなる。

浮世草子好色五人女(1686)五「ひらきせしに判金百枚入の書付の箱六百五十〈略〉下よりうめく事すさまじ

浄瑠璃女殺油地獄(1721)下「中にうめく程かね入て置た」

[語誌](1)「めく」は「…のようになる」の意を表わす動詞作る接尾語で、「う」は、人間苦しみあまりに出す声や、動物の低い鳴き声などを表わす擬声語考えられる
(2)「伊京集」に「 ウメク ニヨウ ウナル ウメク ギン 同吟」とあり、「うなる」や「によう(ふ)」と類義的な関係にあったことが知られる。


呻く

出典:『Wiktionary』 (2020/02/23 04:37 UTC 版)

漢字混じり表記

(うめく)

  1. うめく参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「呻く」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||



9
100% |||||

10
100% |||||

呻くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



呻くのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの呻く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS