似せとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 似せの意味・解説 

にせ【偽・贋・似】

〔名〕 (動詞「にせる(似)」の連用形名詞化本物ににせて作ること。また、そのものにせもの

申楽談儀(1430)四「名筆(さう)にかき捨てたるもの、にせは成るべからず

倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「なに罪人落書だなんて当になったもんぢゃありません、贋も大分ありまさあね」


似せ


似せ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

似せ

読み方:にせ

サ行下二段活用動詞似す」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
似す」の口語形としては、サ行下一段活用動詞似せる」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「似せ」の関連用語

似せのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



似せのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS