伺事とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 伺事の意味・解説 

伺事

読み方:ウカガイゴト(ukagaigoto)

室町後期以降幕府訴訟手続き。

別名 御前沙汰


伺事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/11/13 18:08 UTC 版)

伺事(うかがいごと)とは、室町幕府において奉行人が訴訟その他の政務に関して将軍の裁可を仰ぐ手続のこと。足利義教の時代以後に整備された。




「伺事」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伺事」の関連用語

伺事のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



伺事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伺事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS