ユーロ共通債とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ユーロ共通債の意味・解説 

ユーロ共通債

読み方:ユーロきょうつうさい

ユーロ圏諸国共同発行する債権。または、その構想共同保証によって高い信用度維持し、同時に債権共通化によって資金調達をしやすくしようというもの。

ユーロ共通債の構想は、2011年11月欧州委員会ジョゼ・マヌエル・バローゾ委員長により提案された。一般的には、共通債の発行欧州債務危機根本的解決しうる案であると評価されている。

ユーロ圏でも有数経済大国である独仏の2ヵ国は、2011年12月5日時点では、ユーロ共通債の導入反対する姿勢示している。

ドイツメルケル首相、およびフランスサルコジ大統領通称メルコジ」)は、2011年12月5日パリで会見し、ユーロ共通債に反対すると共にEU基本条約改正財政規律建て直すことが必要である旨を表明している。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ユーロ共通債のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ユーロ共通債のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS