ヒョウモンクロシメジとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > ヒョウモンクロシメジの意味・解説 

ヒョウモンクロシメジ

学名Tricholoma pardinum Quél.
キシメジ科 キシメジ属
ヒョウモンクロシメジ
秋にブナ科広葉樹林発生する。約10年ほど前から日本での発生報告されている毒きのこである。ヨーロッパアメリカでも発生する有名な毒きのこで、 Tiger Tricholoma呼ばれている。日本ではこれまで新潟県山梨県などで中毒例が知られている。中毒症状嘔吐下痢などで、 ごく少量食べただけでも症状がでる。

特 徴
傘は初め半球形で後には開いてまんじゅう形から平らになる。表面の色は灰白色で銀ねずみ色鱗片におおわれる。ひだは柄に上生からやや湾生し、 並び方は密で色は白色。柄は白色表面には銀ねずみ色ささくれがある。

ヒョウモンクロシメジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/13 02:39 UTC 版)

ヒョウモンクロシメジTricholoma pardinum)はハラタケ目キシメジ科キシメジ属キノコ毒キノコである[1]


  1. ^ a b c d e f g h きのこの見分け方 (PDF) 山梨県森林総合研究所
  2. ^ a b c ヒョウモンクロシメジ(キシメジ科) (PDF) 兵庫県農政環境部環境管理局環境影響評価室
  3. ^ “毒キノコ、図鑑で「食用」と誤記 小学館が回収へ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年10月20日). http://www.asahi.com/articles/ASKBN6D90KBNUTFL00W.html 2017年11月13日閲覧。 


「ヒョウモンクロシメジ」の続きの解説一覧





ヒョウモンクロシメジと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ヒョウモンクロシメジのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヌメリツバタケ

クジラタケ

ウスキブナノミタケ

ヤマドリタケ

オオキノボリイグチ

ミドリスギタケ

カオリツムタケ

ヒラタケ





ヒョウモンクロシメジのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会
Copyright © 1998-2017 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒョウモンクロシメジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS