ヤニタケとは?

Weblio 辞書 > 生物 > きのこ図鑑 > ヤニタケの意味・解説 

ヤニタケ

学名Ischnoderma resinosum (Fr.) Karst.
サルノコシカケ科 ヤニタケ属)
ヤニタケ
夏から秋にかけて、ブナナラ類などの広葉樹枯れ木上に重なり合うように発生する。針葉樹発生することもあるといわれるが、そのきのこは別種とする説もある。 夏頃に発生する若く柔らかなきのこは食用にされる。ただし、そのまま煮たり焼いたりしてもうまいとはいえない。一度ゆでこぼしてから味噌漬けにするなどの工夫が必要である。

特 徴
傘は半円形初め柔らかい肉質で後には硬くなってコルク質になる。表面の色は茶褐色から黒褐色でごく細かい毛が生えている。裏面管孔で色は白色からクリーム色


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヤニタケ」の関連用語

ヤニタケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヤニタケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会
Copyright © 1998-2018 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS