タバタ式トレーニングとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > タバタ式トレーニングの意味・解説 

タバタ式トレーニング

読み方:タバタしきトレーニング
別名:タバタトレーニング
英語:Tabata TrainingTabata Workout

トレーニング方式1つで、簡単なウォームアップを行った後に、20秒間の運動10秒間の休息を8回繰り返す方式

タバタ式トレーニングは、立命館大学田畑泉教授によって考案されたトレーニング方式で、スクワットエアロバイクランニングなどさまざまな運動に用いることができる。

タバタ式トレーニングでは、1回の運動最大限パワーを出すことを要件としており、これにより短時間長時間運動同じくらいの効果が得られるという。

関連サイト
タバタタイマー


高強度インターバルトレーニング

(タバタ式トレーニング から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/24 03:13 UTC 版)

高強度インターバルトレーニング(こうきょうどいんたーばるとれーにんぐ、: High-intensity interval training, HIIT, HIT)とは、高強度間欠的運動 (HIIE) や スプリントインターバルトレーニング (SIT) や VO2maxインターバルトレーニング とも呼ばれ、インターバルトレーニングの拡張形で、不完全回復をはさみながら高強度・短時間の運動(無酸素運動)を繰り返すトレーニング方法である。高強度インターバルトレーニングは心血管運動の一種である。一般的な高強度インターバルトレーニングは合計4〜30分程度である。この短時間の負荷の高いトレーニングは運動能力を向上させ、グルコース代謝を改善し、脂肪を燃焼させる[1][2][3]


[ヘルプ]
  1. ^ Perry, Christopher G.R.; Heigenhauser, George J.F.; Bonen, Arend; Spriet, Lawrence L. (3 May 2008). “High-intensity aerobic interval training increases fat and carbohydrate metabolic capacities in human skeletal muscle” (PDF). Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism 33 (6): 1112–1123. doi:10.1139/H08-097. ISSN 1715-5312. OCLC 65195853. PMID 19088769. http://biologiemartinbolduc.mbolduc1.profweb.ca/wp-content/uploads/2011/09/Perryetal-2008.pdf. 
  2. ^ Laursen, P.B.; Jenkins, D.G. (January 2002). “The Scientific Basis for High-Intensity Interval Training: Optimising Training Programmes and Maximising Performance in Highly Trained Endurance Athletes” (PDF). Sports Medicine 32 (1): 53–73. doi:10.2165/00007256-200232010-00003. ISSN 0112-1642. OCLC 884634060. PMID 11772161. http://www.eliterunning.us/The%20Scientific%20Basis%20for%20High-Intensity%20Interval%20Training.pdf. 
  3. ^ Talanian, Jason L.; Stuart, D. R. Galloway; George, J. F. Heigenhauser; Bonen, Arend; Spriet, Lawrence L. (26 September 2006). “Two weeks of high-intensity aerobic interval training increases the capacity for fat oxidation during exercise in women” (PDF). Journal of Applied Physiology 102 (4): 1439–1447. doi:10.1152/japplphysiol.01098.2006. ISSN 8750-7587. OCLC 11603017. PMID 17170203. http://jap.physiology.org/content/jap/102/4/1439.full.pdf. 
  4. ^ High-Intensity Interval Training (HIIT): The Ultimate Fat Incinerator
  5. ^ Van Dusen, Allison (2008年10月20日). “Ten ways to get more from your workout”. Forbes. 2008年12月14日閲覧。
  6. ^ Coe, Sebastian (November 8, 2012). Running My Life. Hodder. pp. 38, 39. ASIN 1444732536. ISBN 978-1-444-73253-5. OCLC 833278645. ASIN B009W32YGE (Kindle). 
  7. ^ a b Tabata I; Nishimura K; Kouzaki M; Hirai Y; Ogita F; Miyachi M; Yamamoto K (October 1996). “Effects of moderate-intensity endurance and high-intensity intermittent training on anaerobic capacity and VO2max”. Med Sci Sports Exerc 28 (10): 1327–1330. doi:10.1097/00005768-199610000-00018. ISSN 0195-9131. LCCN 80644663. OCLC 846855575. PMID 8897392. http://journals.lww.com/acsm-msse/Fulltext/1996/10000/Effects_of_moderate_intensity_endurance_and.18.aspx. 
  8. ^ Interview with the founder of the world-renowned Tabata Protocol”. Ritsumeikan University. 2013年1月30日閲覧。
  9. ^ Tabata I; Irisawa K; Kouzaki M; Nishimura K; Ogita F; Miyachi M (March 1997). “Metabolic profile of high intensity intermittent exercises” (PDF). Medicine and Science in Sports and Exercise 29 (3): 390–395. doi:10.1097/00005768-199703000-00015. ISSN 0195-9131. LCCN 80644663. OCLC 846855575. PMID 9139179. http://www.researchgate.net/profile/Motohiko_Miyachi/publication/14079610_Metabolic_profile_of_high_intensity_intermittent_exercises/links/09e4150a2d1c5e08de000000.pdf. 


「高強度インターバルトレーニング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「タバタ式トレーニング」の関連用語

1
54% |||||

タバタ式トレーニングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タバタ式トレーニングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高強度インターバルトレーニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS