カントン包茎とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > カントン包茎の意味・解説 

嵌頓包茎

(カントン包茎 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 05:00 UTC 版)

嵌頓包茎(かんとんほうけい、:paraphimosis[1]:Paraphimose[2])とは真性包茎ないし包皮輪(包皮口)が狭小な仮性包茎でありながら包皮を無理に翻転させたときに起きうる、露出した亀頭が狭い包皮輪に絞扼されて包皮が戻らなくなった状態である[3]。 包皮輪に冠状溝部を絞扼された亀頭が血行障害により赤紫色に腫脹し[4]、包皮が正しい位置に戻るのを妨げるとともに痛みを伴う[3][5]。放置しておくと、最悪の場合壊死に至る医学的緊急性の高い状態である[5]


  1. ^ Phimosis and Paraphimosis - Genitourinary Disorders - MSD Manual Professional Edition(英語) MSD Manual Professional Version 2021年5月14日閲覧
  2. ^ Phimose und Paraphimose - Urogenitaltrakt - MSD Manual Profi-Ausgabe(ドイツ語) MSD Manual Profi-Ausgabe 2021年5月14日閲覧
  3. ^ a b c d e 嵌頓包茎について | メディカルノート メディカルノート 2021年5月14日閲覧
  4. ^ 関戸 哲利 (編集主幹), 中島 耕一 (編), 永尾 光一 (編), 鈴木啓悦 (編), 高波眞佐治 (編), 宍戸清一郎 (編)『泌尿器科グリーンノート』中外医学社、398頁。ISBN 978-4-49-806-430-0
  5. ^ a b c d e 包茎および嵌頓包茎 - 03. 泌尿器疾患 - MSDマニュアル プロフェッショナル版 MSDマニュアル プロフェッショナル版 2021年5月14日閲覧


「嵌頓包茎」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カントン包茎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カントン包茎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嵌頓包茎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS