カニビルとは?

カニビル

水生ヒル一種深海底カニ甲羅などに卵を産み付ける。カニビルはカニ産卵場所としてのみ利用しているとされる

蟹蛭

読み方:カニビル(kanibiru)

ウオビル科の環形動物


カニビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/20 05:13 UTC 版)

カニビル (Notostomum cyclostomum) は、海に住むヒルの一種である。体長は約10センチメートル[2]魚類の体液を吸うが、生態にはまだ不明な部分が多い。


  1. ^ a b Piscicolidae in BISMaL”. 2017年4月23日閲覧。
  2. ^ a b c 丹後の海の生き物(カニビル) - 京都府ホームページ
  3. ^ エビ・カニ類の相談事例 - 愛知県食品衛生検査所


「カニビル」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カニビル」の関連用語

カニビルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カニビルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカニビル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS