だれやみとは?

Weblio 辞書 > 食品 > 焼酎・泡盛用語 > だれやみの意味・解説 

だれやみ(だれやみ)

「だれ」は「疲れ」、「やみ」は「止(や)む」。転じて一日疲れをいやす晩酎のこと。宮崎県で「だれやみ」、「だりやめ」(椎葉地方)、鹿児島県大隅地方で、「だいやめ」、長崎県熊本県では「だりやみ」という。「だれる」とは緊張を欠く・飽きがくることをいうが、宮崎では今日でも「だれた」などと常用されている。小野金次郎作詩になる「いもがらぼくと」の元歌ともいわれている黒木淳吉の「のさん節」の歌詩の中にも、ひんだれちしもうた木場びらきだれやみ飲んでほたり寝る


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「だれやみ」の関連用語

だれやみのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



だれやみのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2018.

©2018 Weblio RSS