しどろもどろとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 形容動詞 > 形容動詞(態度) > しどろもどろの意味・解説 

しどろもどろ

話の内容話し方要領を得ない様子で、聞き手良く分からない状態であること。「しどろ」は乱れ様子を指す表現であり、「もどろ」は漢字では「斑」と書き、「斑点がある状態」や「斑模様」などを指す。

しどろ‐もどろ

形動[文]ナリ《「しどろ」を強めていう語》言葉使い方や話の内容などが、とりとめなく、ひどく乱れたさま。「しどろもどろに言いわけをする」「しどろもどろな答え


しどろ‐もどろ

形動〕 (「しどろ」を強めていう語) 言動秩序がなく、たいそう乱れているさま。また、足もとの定まらないさま。

宇津保(970‐999頃)蔵開上「中納言しどろもどろにゑひて」

源氏100114頃)梅枝「筆にまかせて乱れ書き給へる、見どころ限りなし。しとろもとろに愛敬づき、見まほしければ」

煤煙(1909)〈森田草平〉二「段々泣声になって、しどろもどろな事を言ふ

[語誌](1)挙例源氏」などに見られるように、中古中世用例では、乱れていること全般を表わし、特にマイナスのイメージ強くはなかった。
(2)歌語としても用いられ、その場苅萱(かるかや)のイメージ結びつくことが多い。
(3)中世後期には、特に足どりがたよりないことに多く用いられるようになり、近世に入ると、あわてたり動揺したりして話し方円滑さを失った様子偏るようになった




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「しどろもどろ」の関連用語

しどろもどろのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



しどろもどろの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS