あざいひさまさとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 戦国武将辞典 > あざいひさまさの意味・解説 

浅井久政(あざい ひさまさ) ????~1573

夜叉 新九郎 左兵衛尉 下野守
◇父:浅井亮政 室:井口弾正忠元女 子:富樫綱政、浅井長政、政元?、政之?
 父亮政の死後北近江浅井家を継ぐ。父のような覇気はなく、能や鷹狩熱中して積極的に戦を行うことはなかったが、内政にはそれなりの手腕があった様で、結果的に国は富んだ。しかし南近江六角氏侵攻防ぎきれず、その傘下となる。これを不服とした子賢政(長政)により、六角支配から脱するが久政は隠居の身となった。その後浅井氏尾張織田氏と結び勢力拡大するが、織田氏敵対する将軍足利義昭御内書を受けた久政が、政治口出しするようになり、結果的浅井氏織田氏に滅ぼされ、子の長政と共に小谷城にて自害した。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「あざいひさまさ」の関連用語

あざいひさまさのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あざいひさまさのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
戦国武将覚書戦国武将覚書
Copyright (C) 2018 戦国武将覚書 All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS