洞窟潜水 洞窟潜水の概要

洞窟潜水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/05 09:25 UTC 版)

セノーテの地下水脈内
支洞に移動する作業中

魅力

水中洞窟は、様々な理由によりダイバーをはじめ、生物学者古生物学者洞窟学者を魅了する。

  • 洞窟の水没部突破。
  • 洞窟の観察、浮遊感。
  • 洞窟性植物、洞窟性生物の探索、観察。
  • テクニカルダイビングの一環として。

危険性

洞窟潜水は、最も危険なダイビングであるとされる。

オーバーヘッド環境の潜水
ダイバーは緊急時に緊急浮上が出来ず、出口まで泳がないと浮上出来ない。
出口ルート
出口までのルートは、充分な残圧量を必要とする。
出口までのルートは、ディープダイビングの危険性と問題を抱える場合がある。
拘束
狭洞部分があるかもしれない。
視界不良
常に光は届かない暗闇。極度な透明度低下を招くかもしれない。
方向感覚の困惑
迷路状の洞窟は迷いやすい。

洞窟潜水は、もっとも危険なスポーツの1つとして認められる。命を失ったダイバーの大多数は、専門トレーニングを受けておらず、不十分な器材を使用している。多くのケイブダイバーは、「洞窟潜水は多くの経験とトレーニングと多額な器材費により安全潜水を得られる」としている。また、洞窟の崩落事故は非常に希なケースである。

安全対策

多くのケイブダイバーは、安全な洞窟潜水をする為に6つの原則を認識している。

訓練

トレーニング範囲内でのダイビングは、安全な洞窟潜水に不可欠である。トレーニングは、洞窟潜水に必要な技術を細分化して行われる。部分ごとのトレーニングは開放環境(海や湖など)で行われた後、暗所、洞窟と徐々に難易度の高い環境で行われる。各トレーニングを身につけた後に、複合したトレーニングに移っていく。近年の洞窟潜水の事故分析は、十分な開放環境下でのトレーニングをなされていない場合に起こると証明されたが、洞窟環境下においてもトラブル対処の経験を必要とされる。長年の洞窟潜水で様々な小さいトラブル対処を行うことは、より安全な洞窟潜水には必要とされる。

ガイドライン

洞口よりチームのリーダーはガイドラインを持って潜る。

水深管理

ケイブダイバーは、適切な水深管理をする必要がある。

呼吸ガス管理

空気消費や減圧の管理をする。

光源管理

全てのケイブダイバーは、3つのライトを装備している。1つは主立ったライトで、他2つは予備ライト。

バディシステム

二人一組でお互いの安全を確認することで多くのメリットがある。互いの安全確認を行うパートナーをバディと呼ぶ。




「洞窟潜水」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「洞窟潜水」の関連用語

洞窟潜水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

PC-9821Na12・9・7

水俣和紙

ヒマラヤカラムス・インターメディア

3000形車両

ヤブカンゾウ

モズ

プロボローネ

アーケオルニトミムスの一種





洞窟潜水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの洞窟潜水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS