中央競馬 開催一覧

中央競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/02 05:30 UTC 版)

開催一覧

1年の開催は例年、以下のように開催が行われる。なお、暦の関係で月の対応が一部ずれる場合がある。また、暦の関係で月に土曜日が5回あるときは原則として2回目の土曜日がある週をその月の第1週とする。

関東 関西 その他
1月上旬 1回中山 1回京都
1月中旬~下旬 1回中京
1月下旬~2月上旬 1回東京(2月第3週)フェブラリーステークス 2回京都
2月中旬~下旬 1回小倉
2月下旬~3月上旬 2回中山 1回阪神
3月中旬~下旬 2回中京(3月第4週)高松宮記念
3月下旬 3回中山(4月第3週)*中山グランドジャンプ皐月賞 2回阪神(4月第2週)桜花賞
4月上旬~中旬 1回福島
4月下旬 2回東京(5月第2週) NHKマイルカップ、(5月第3週)ヴィクトリアマイル、(5月第4週)優駿牝馬、(5月第5週)東京優駿 3回京都(5月第1週)天皇賞(春)
4月下旬~5月下旬 1回新潟
6月上旬~中旬 3回東京(6月第1週)安田記念 3回阪神(6月第4週)宝塚記念
6月中旬~下旬 1回函館
7月上旬 2回福島 3回中京
7月中旬~下旬 2回函館
7月下旬~8月中旬 2回新潟 2回小倉 1回札幌
8月中旬~9月上旬 2回札幌
9月上旬~10月上旬 4回中山(10月第1週)スプリンターズステークス 4回阪神
10月上旬 4回東京(10月第5週)天皇賞(秋) 4回京都(10月第3週)秋華賞、(10月第4週)菊花賞
10月中旬~下旬 3回新潟
11月 5回東京(11月第4週)ジャパンカップ 5回京都(11月第2週) エリザベス女王杯、(11月第3週)マイルチャンピオンシップ 3回福島
12月 5回中山(12月第4週)*中山大障害有馬記念 5回阪神(12月第2週)阪神ジュベナイルフィリーズ、(12月第3週)朝日杯フューチュリティステークス 4回中京(12月第1週)チャンピオンズカップ

備考

  • (*) - 障害競走。
  • 概要にもあるとおり、競馬の開催は土曜日と日曜日が原則である。ただし、それ以外の曜日に開催することもある[注 18]。以下では近年、行われた事例を掲載する。過去の事例は競馬の開催を参照。
    • 近年、成人の日ハッピーマンデー制度で1月第2月曜日に曜日固定されたこと、また有馬記念を年末ぎりぎりの開催で調整しているため年始開催は1月5日に1日のみ開催を行い翌週の週末は成人の日と合わせた3日間連続開催が多い。なお2006年までは第1回中山および京都開催の初日は1月5日に固定されていたが、2007年は1月6日に開催された。2009年1月4日に開催を行った。そのため、開催日が1月5日に固定されていた中山金杯京都金杯も開催日固定の重賞競走ではなくなった。
    • 敬老の日もハッピーマンデー制度の対象となったこと、ならびに近くに秋分の日の休日があるため2004年から2011年まで9月の3連休の開催を4回中山・4回阪神・2回札幌開催にて2つの競馬場で日程を調整して開催していた。2010年の場合は9月18日が中山・札幌、19日が中山・阪神、20日が札幌・阪神となっている。2012年からは9月の札幌開催がなくなり、中山と阪神で3日間連続開催となる。
    • 東京競馬場の開催については毎年5月5日に同競馬場に近接する大國魂神社で祭事が行われる関係上、競馬開催の土・日曜日と重複した場合でも競馬の開催は行われずその前後に開催日を振り替されていたが2007年以降は開催している[注 19]
  • 施設改善工事、馬場改修工事、災害などにより競走が行えない場合には原則として同一地区の他の競馬場に振り替えて開催する。振り替え開催の事例は競馬の開催を参照。
  • 地方競馬との間で原則12月28日から1月4日までは中央競馬を開催しない慣例があったが、2003年12月28日に中央競馬が施行されたことで破られた。また2009年1月4日に中央競馬が施行され、現状は12月29日 - 1月3日となっている。
  • 2006年の競馬法施行規則の改正により2007年以降は開催日数が弾力的に運用されることになった。このため2007年は1回中山・1回京都の開催日数が7日間(1月6 - 8、13、14、20、21日)、4回東京・4回京都の開催日数が9日間(10月6 - 8、13、14、20、21、27、28日)となる[注 20]



[ヘルプ]
  1. ^ 2006年に競馬法施行規則が改正され、2007年からは1開催における開催日数は8日間を基本としながら最大12日までとなる。ただし、1年間に開催できる日数は原則288日(36開催×8日)に制限されているためある競馬の開催日数を増やすと別の競馬の開催日数を減らすことになる。 2006年までは「1競馬場の1開催8日間」固定であったが、上記の施行規則改正に伴い、2007年は第1回中山競馬・第1回京都競馬が7日、第4回東京競馬・第4回京都競馬が9日で開催されている。他に馬インフルエンザの影響で第2回札幌競馬、第3回新潟競馬、第3回小倉競馬が6日開催となったため第3回福島競馬、第3回中京競馬を10日、第5回東京競馬、第5回京都競馬を9日開催した。従来の施行規則ではこのような対応はできなかった。 2008年は第1回中京競馬、第3回福島競馬を10日、第1回福島競馬、第3回中京競馬を6日開催としている。 2009年函館競馬場の馬場・施設改修に伴う1年間の開催休止のため平年の第1・2回函館開催と第2回札幌開催の計24日分を他の第3場開催に振り返る処置を取っており、第1・2回中京(1・3月)をそれぞれ6日間=第1回の開催は平年9月の第2回札幌2日分と平年の3月の中京開催から移動した4日分を割り当てた。札幌開催は函館代替16日間と平年の第1回札幌8日間を含めた24日分をまとめて、それぞれ12日間ずつの第1・2回札幌として6-9月に開催。9月の第2回札幌残りの6日間は第4回新潟として開催。
  2. ^ 過去、日曜日に該当した2003年2008年2014年は中央競馬の開催を行った
  3. ^ 過去2009年2015年
  4. ^ 新潟競馬場の開催が増えるのは札幌競馬場で第2回開催終了後にスタンド改築を含む改修工事を行うため。
  5. ^ 2004年以後、ハッピーマンデーを利用した9月の敬老の日(年度により10月の体育の日も)のある週を3日間連続開催とする処置をとっており、3場開催である場合、土曜日に関東主場と第3場、日曜日に関東・関西の両主場、月曜日(ハッピーマンデーの祝日)に関西主場と第3場の日程で開催するようになった。上記の詳述のとおり、2012年から第3場を中心とした日程見直しのため、9月のハッピーマンデー時の分割がなくなり、関東・関西両主場での3日間連続開催となった。
  6. ^ 東京優駿開催日の東京競馬は2001年までは10競走、2002年から2005年までは11競走であった。2006年以降の競馬番組では東京優駿開催日は12競走を編成している。
  7. ^ 11月から1月は日没が早いので若干繰り上がる。
  8. ^ 北海道2場はここの扱い。
  9. ^ 1999年は小倉競馬場の改修工事による振替開催により、東日本→西日本→小倉の順。
  10. ^ ジャパンカップ有馬記念の週は日没時間の関係により従来どおりで、東日本(GI開催場)→(開催がある場合第3場)→西日本の順。
  11. ^ 年によっては10月初旬まで。
  12. ^ 年によっては2月から。
  13. ^ 年によっては11月上旬まで。
  14. ^ 当初の予定では、翌週に速歩競走廃止記念の特別競走が2レース予定されていたが、中京競馬場の騒乱発生により開催が中止された為、実施されなかった。
  15. ^ 2007年11月1718日福島競馬場で第3回開催の第9・10日、23日東京京都両競馬場で第5回開催の第9日、2425日中京競馬場で第3回開催の第9・10日が開催されることになった。これに伴い、当初24日(土曜日)に予定されていた京阪杯京都第11競走)は開催日が1日繰り上がって23日(金曜日・勤労感謝の日)に行われることになった。また23日に競馬が開催されることから、同日に後楽園新橋梅田難波の各ウインズで予定されていたジャパンカップ(25日・東京)の金曜発売は行われないこととなった。ちなみに福島は札幌土・日曜分、東京は新潟日曜分、京都は小倉日曜分、中京は新潟・小倉土曜分のそれぞれ振り替え開催だった。
  16. ^ 競馬の特性上、途中退場する客も多数いることや中央競馬では再入場の際にはあらためて入場券を購入する必要があるため他の競技・イベントなどとは違いこの人員がすべて同じ時間帯に競馬場に入っているわけではない。
  17. ^ 通常は芝Bコースを使用しているが、代替開催ではCコースを使用したため、距離が10m延びた。
  18. ^ 競馬法および競馬法施行規則の規定により中央競馬が開催できる日は日曜日、土曜日、国民の祝日に関する法律で定められた休日、1月5日から7日のいずれかである。
  19. ^ 関東で第3場開催および関西で開催が行われる場合も同様に振り替えていた。
  20. ^ 1月の開催を10月に振り替えたのは、例年体育の日にマイルチャンピオンシップ南部杯が開催されることからこの日に東京競馬場で競馬を開催することで東京競馬場および福島競馬場で盛岡競馬の場外発売を行えるようにするためである。他の祝日の開催は相互発売を行わない地方競馬との調整となるため現状では困難である。また脚注10でも紹介したが馬インフルエンザの影響で8月18・19日の札幌・新潟・小倉開催が中止になったことに伴い11月17・18日に福島、23日に東京・京都、24・25日に中京競馬を追加振り替え開催することとなった。ただし開催日表示は従来からの開催日はその日数(日付)をそのまま変更せず、追加開催日の分に第9(10)日目を追加するスケジュールにした(例・11月23日から25日の東京・京都は順に第9・7・8日目、24・25日の中京は第1・2日ではなく第9・10日としている)。
  21. ^ 但し、阪神競馬場では震災からの再開後「1日2重賞<中山競馬場で予定されていた重賞の代替含む>」となったことから4月中旬まで16:30過ぎに最終競走を行ってはいた。それ以外の期間は年中を通して1日の最終競走の発走時間は基本16:20、G1レース当日は16:25発走で実施した。
  22. ^ 但し2008年7月からの3連勝単式馬券の全レース発売により2009年は旧八大競走と宝塚記念、ジャパンカップ、ジャパンカップダート、阪神ジュベナイルフィリーズ、朝日杯フューチュリティステークス及びJ・GIを除きGI級競走開催日でも最終レースは一般競走となった(2010年からは再び最終レースは特別競走になる)。
  23. ^ 通常クラシック競走や天皇賞、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念があるときは5競走、他は4競走。
  24. ^ 15時台の前半 一般には第3場→GI級の行わない主場の順。但し、第3場で行われる唯一のGI級競走の高松宮記念開催日は阪神→中山→中京の順〈2012年から適用)。
  25. ^ ジャパンカップ開催日は東京→京都、中山のGI級開催日は中山→中京→阪神。
  26. ^ 第3場開催は通常通り第5競走終了後に昼休み。
  27. ^ かつて、国際セリ名簿基準委員会の勧告に従い「JpnI」を使用していたこともあるが、これをグレードワンと呼ぶのは明らかな誤り。正しくはジーワン
  28. ^ 改修工事中(現スタンド完成前)の東京競馬場では天皇賞(秋)、ジャパンカップも入場制限が行われた。
  29. ^ 2005年の有馬記念中山競馬場)は事前発売の前売券(記念入場券)のみとなり、前売入場券を持っていないと入場することができなかった(回数券による入場もできなかった。なお回数券には入場制限時には使用できない旨の注意書きが書かれている)。これは無敗の三冠馬として絶大な人気を博したディープインパクトが出走を予定しており、中山競馬場における混雑を緩和するための措置である。
  30. ^ 当初は2008年7月19日から9月7日までの期間限定で全レース発売予定だったが、同年9月1日9月13日以降の3連単の全レース発売継続を発表した。
  31. ^ 日曜日の重賞競走では、前日の土曜日から発売される。金曜発売がある一部のGI競走のある週では土曜日に行われる重賞の前日発売も行われる。ただし、これらの前売発売については荒天・降雪などの理由により開催中止のおそれがある場合は発売を中止することがある。
  32. ^ 本馬場入場曲の発案者は、1948年より東京・中山競馬場の場内で流す音楽を選曲していた四天王長政という人物で、1958年発行の月刊「優駿」に、「メロデーとともに」という題名で当時を回顧した記事が記載されている。
  33. ^ 『若駒』は、今もばんえい競馬の重賞競走で入場曲として聴く事が出来る。
  34. ^ 東京・中山・福島・新潟
  35. ^ 京都・阪神・中京・小倉
  36. ^ 札幌・函館
  37. ^ 1990年代の一時期にはを振り回す者が見られ、2000年宝塚記念に至ってはフリスビーと思しき円盤状の物体が飛ばされた模様が、『DREAM競馬』をはじめとするテレビでの競馬中継の画面に映し出されるシーンが見られた。同番組キャスターだった宮川一朗太が、「物を投げ込むのはやめましょう」と視聴者に注意喚起した事や、井崎脩五郎に至っては「投げた者を特定している」と雑誌で公言したこともある。
  38. ^ 公営競技の常として、競走の公正が確保されることが順位・投票券を含めて競走を成立させる絶対条件である。裏を返せば、観客の妨害行為で競走の公正が確保できない事態が発生した場合には、その競走を「不成立」として処理しなければならなくなる。
  39. ^ 初期に使用していたのは、1987年までの京都競馬場の本馬場入場曲であり、後期使用曲も、同じく京都競馬場での特別・重賞競走における発走ファンファーレであった。
  40. ^ 阪神競馬場での生演奏の場合、最終小節のメロディーがオリジナルとは異なることがある(近年では、2009年以降の桜花賞が該当)。
  41. ^ 障害GI(J・GI)は中山競馬場のみで行われているため、事実上「中山」の専用ファンファーレである。
  42. ^ 作曲はミュージックホーンの製作を担当した小糸工業に依頼された作曲家とされるが、今も名前は伏せられている。
  43. ^ 京都・阪神・中京。
  44. ^ 東京・中山。なお2002年2014年スプリンターズステークスにおいて中山の代替で開催された新潟でも使用。
  45. ^ 改装・天災などにより京都の場合あり。
  46. ^ 一般公募によって最優秀賞に選出され、使用されるようになった。
  47. ^ 障害競走の開催の無い札幌と函館を除く。
  1. ^ 日本中央競馬会競馬施行規程 第68条”. 日本中央競馬会 (2011年2月28日). 2011年6月17日閲覧。
  2. ^ 平成26年度春季競馬番組について(6ページ「9.発走時刻について(2)最終競走の発走時刻について」参照)(2013年11月24日 日本中央競馬会 同11月28日閲覧)
  3. ^ nikkansports.com 入場者大幅増、売得金もアップ/ダービー
  4. ^ 2016年度の「フリーパスの日」のスケジュールが決定!
  5. ^ 2014年度開催日割および重賞競走について 日本中央競馬会(2013年10月21日) 2013年10月26日閲覧
  6. ^ 台風により本日13日の京都開催が中止に 代替開催は明日火曜日 - netkeiba.com、2014年10月13日閲覧
  7. ^ 2016凱旋門賞(G1)の勝馬投票券発売実施について 日本中央競馬会(2016年6月27日) 2016年10月8日閲覧
  8. ^ 日本の競馬ハンドブック2013 p366,367,368 発行:一般社団法人 中央競馬振興会
  9. ^ 地方競馬の基礎知識(地方競馬の競馬場一覧) - 地方競馬全国協会、2014年11月20日閲覧
  10. ^ 『地方競馬史』第一巻 地方競馬全国協会 1972年
  11. ^ 3月12日(土)、13日(日)の競馬開催を取り止めます 日本中央競馬会オフィシャルニュース 2011年3月11日閲覧
  12. ^ 日刊スポーツ(2011年3月13日)
  13. ^ a b 平成23年度開催日割(当初予定) (PDF) - 日本中央競馬会
  14. ^ a b 平成23年度開催日割(変更後) (PDF) - 日本中央競馬会
  15. ^ JRA公式サイト(2011年3月15日)
  16. ^ JRA公式サイト(2011年3月22日)
  17. ^ JRA公式サイト(2011年4月1日)
  18. ^ JRA公式サイト(2011年4月5日)
  19. ^ JRA公式サイト(2011年4月19日)
  20. ^ JRA公式サイト(2011年4月26日)
  21. ^ JRA公式サイト(2011年5月10日)
  22. ^ JRA公式サイト(2011年4月12日)
  23. ^ a b c 平成23年度重賞競走一覧(変更版) (PDF) - 日本中央競馬会、2014年11月24日閲覧
  24. ^ 平成23年第4回東京競馬番組 (PDF) - 日本中央競馬会、2014年11月24日閲覧
  25. ^ JRA公式サイト(2011年4月5日)
  26. ^ JRA公式サイト(2011年4月6日)
  27. ^ JRA公式サイト(2011年4月19日)
  28. ^ JRA公式サイト(2011年4月27日)
  29. ^ JRA公式サイト(2010年5月13日)
  30. ^ a b 平成23年第2回阪神競馬番組 (PDF) - 日本中央競馬会、2014年11月24日閲覧
  31. ^ a b c 平成23年第2回東京競馬番組 (PDF) - 日本中央競馬会、2014年11月24日閲覧
  32. ^ 平成23年第3回京都競馬番組 (PDF) - 日本中央競馬会、2014年11月24日閲覧
  33. ^ 平成23年第1回新潟競馬番組 (PDF) - 日本中央競馬会、2014年11月24日閲覧
  34. ^ a b c 平成23年第3回東京競馬番組 (PDF) - 日本中央競馬会、2014年11月24日閲覧
  35. ^ 平成23年第4回阪神競馬番組 (PDF) - 日本中央競馬会、2014年11月24日閲覧
  36. ^ JRA公式サイト(2011年3月29日)
  37. ^ JRA公式サイト(2011年4月5日)
  38. ^ JRA公式サイト(2011年4月12日)
  39. ^ JRA公式サイト(2011年4月21日)
  40. ^ JRA公式サイト(2011年4月26日)
  41. ^ JRA、ウインズ新白河での払戻実施発表 - サンケイスポーツ 2011年5月3日閲覧
  42. ^ JRA公式サイト(2011年5月17日)
  43. ^ JRA公式サイト(2011年5月17日)
  44. ^ JRA公式サイト(2011年6月16日)
  45. ^ JRA公式サイト(2011年8月3日)
  46. ^ JRA公式サイト(2011年3月29日)
  47. ^ JRA公式サイト(2011年3月16日)
  48. ^ JRA公式サイト(2011年5月17日)
  49. ^ ウインズ新宿が4月26日(土)にリニューアルオープン! - 日本中央競馬会、2014年11月24日閲覧
  50. ^ 2015年5月31日競馬番組(JRAレーシングカレンダー)
  51. ^ 2014年夏季競馬開催概要について(6頁参照)
  52. ^ (例)2015年6月20日(土) 競馬番組
  53. ^ (例)2015年9月6日(日) 競馬番組
  54. ^ 2015年6月28日(日) 競馬番組
  55. ^ 2015年GIレース一覧日本中央競馬会 2015年1月4日閲覧
  56. ^ 本馬場入場曲が新たな楽曲に! - JRA公式サイト 2009年12月21日
  57. ^ 音楽館が2016年に発売した「京阪電車発車メロディコレクション2016」のボーナストラックにこの本馬場入場曲が収録されている。







中央競馬と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

中央競馬に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中央競馬」の関連用語

中央競馬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

三大始祖

フォトチャートカメラ

フォトチャートカメラ

アア

パドック

オーチャード

赤ランプ

蹄鉄





中央競馬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中央競馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS