APSフィルムとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 写真用語 > APSフィルムの意味・解説 

APSフィルム

読み方えーぴーえすふぃるむ

イーストマン・コダック社が提唱平成8(1996)年にフィルムメーカーとカメラメーカー5社が規格化した。35mmフィルムよりも画面小さく、ほぼハーフ判サイズフィルム規格専用カートリッジに入っていて、装填が簡単である。また、感度そのほか情報自動的セットされ、インデックスプリントもできる。画面サイズAPS-C35mmカメラと同じアスペクト比3:2)、APS-H(ハイビジョンサイズ)、APS-P(パノラマ)とカメラ側で切り替えられるのも特徴。 
フィルム規格としては決して成功したとは言えないが、 APS-Cサイズ後年登場したデジタル一眼レフカメライメージセンサー標準サイズとして定着した。

アドバンストフォトシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/30 05:57 UTC 版)

(APSフィルム から転送)

アドバンストフォトシステム (Advanced Photo System, APS) は、富士フイルムイーストマンコダックキヤノンミノルタニコンによって共同で開発された「世界標準規格の新しい写真システム」。1996年4月に販売が開始された。後述のとおり2012年3月現在では事実上終焉を迎えた規格である。


  1. ^ APSフィルム販売終了のお知らせ(富士フイルム プレスリリース (2011.07.06))
  2. ^ KODAK ADVANTIX Film / APS 200 Discontinuance(米国コダック・ウェブサイト)
  3. ^ APSフィルム出荷終了のお知らせ(富士フイルム プレスリリース (2012.05.22))


「アドバンストフォトシステム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

APSフィルムに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「APSフィルム」の関連用語

APSフィルムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




APSフィルムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2014 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアドバンストフォトシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS