GMサーベイメータとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力用語 > GMサーベイメータの意味・解説 

GMサーベイメータ

読み方じいえむさーべいめーた
英語表記Geiger-Mueller survey meter

GMサーベイメータ
GMは、1928年ガイガーミュラーが作った簡単な構造放射線測定器ガイガー・ミュラー計数管略語であり、サーベイメータとは、携帯用測定器を意味する。
原理は、円筒電極中に細い中心電極を張った二管に、Ar、He等の不活性気体少量アルコールまたはハロゲンガスを封入し、両極間に高電圧をかけておくと、放射線管内入射したときに、生成したイオン引き金になって放電起る。したがって一定時間内の放電パルス)の回数数えることによって放射線強さ測定することができる。
特にベータ線測定に用いられ、物質表面放射能汚染測定に用いられる。
ベータ線感度はよいがエネルギーによる弁別できない。(ガンマ線測定できるが感度シンチレーション検出器よりも低い)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

GMサーベイメータのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




GMサーベイメータのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2014 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.

©2014 Weblio RSS