重甲ビーファイターとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 重甲ビーファイターの意味・解説 

重甲ビーファイター

原題:
製作国:日本
製作年:1995
配給:東映配給
スタッフ
監督:金田治 カネダオサム
製作:渡邊亮徳 
プロデューサー:堀長文 ホリナガフミ

日笠淳 ヒガサジュン
原作:八手三郎 ヤツデサブロウ
脚色:宮下隼人 ミヤシタハヤト
企画:吉川進 ヨシカワススム
撮影:浄空 
特撮監督:尾上克郎 オノウエカツロウ
アニメーション監督:竹田道弘 タケダミチヒロ
音楽:川村栄二 カワムラエイジ
歌:石原慎一 イシハラシンイチ
美術:野尻均 ノジリヒトシ
編集:菅野順吉 
録音:太田克己 オオタカツミ
照明:吉岡伝吉 ヨシオカデンキチ
キャスト(役名
土屋大輔 ツチヤダイスケ (甲斐拓也ブルービート))
金井茂 カナイシゲル (片大作(ジースタッグ))
葉月レイナ ハヅキレイナ (羽山麗(レッドル))
真矢武 マヤタケシ (ドラゴ
解説
ビーファイター異次元軍団ジャール送り込んできた怪人との戦いを描いたヒーロー・アクション。'95東映スーパーヒーローフェアの1本。監督金田治
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
休日を麗の買い物につきあわされていた拓也と大作原宿辺りを歩いていたその時、麗が何者かによって誘拐されてしまう。慌てて後を追う拓也と大作だったが、それはドラゴによって仕組まれた罠だった。まんまと三人合成獣ヘルズガイラの住む島へ誘い出しドラゴは、三人の重甲を阻止し、ヘルズガイラの餌食にさせようとするのであった。ところが、ドラゴ異次元昆虫族の生き残りであることが判明ドラゴにそのことを分からせると、彼の協力の下、ビーファイターたちは最強怪人ヘルズガイラに戦いを挑み、見事勝利するのであった。そして、ビーファイターたちによって自分の本来の使命に気づかされたドラゴは、それを全うするために一人旅立っていった

重甲ビーファイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/29 13:01 UTC 版)

重甲ビーファイター』(じゅうこうビーファイター)は、1995年(平成7年)2月5日から1996年(平成8年)2月25日までテレビ朝日系列で毎週日曜8:00 - 8:30(JST)に全53話が放送された、東映制作の特撮テレビ番組、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。「メタルヒーローシリーズ」の第14作目に当たる。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『テレビランドカラーグラフデラックス「重甲ビーファイター・ビーファイターカブト15大戦士激闘ファイル」』では本作品の時代背景を「199X年」、次作『ビーファイターカブト』の時代背景を「200X年」としている。
  2. ^ ガオームが姿を変えた後はあまり用いられなくなった
  3. ^ 『全怪獣怪人大事典 中巻』では、肩書を「異次元調達屋」と記載している[6]
  4. ^ 作中、別の目的で前線に現れるものの結果的に部下を助けるタイミングが多く、慕われている。
  5. ^ ジスプ、超獣神、ガオーム、ブラックビート、デスマルト、バグマビルス、シニガミアン、ヘルズガイラ
  6. ^ ブルービートのクローンであるブラックビートに対して反応だけは起こったことはある。
  7. ^ a b 顔が映らない形での出演、OPクレジットでは「?」と表記
  8. ^ 宝は同話にゲスト出演しており、劇中歌としても使用されている。
  9. ^ 『全怪獣怪人大事典 中巻』では、名称を「ガメリオ1号」と記載している[10]
  10. ^ 前述のとおり、実際は小林靖子の脚本。
  11. ^ 『全怪獣怪人大事典 中巻』では、名称を「シンバッド」と記載している[11]
  12. ^ ハンマコング、デスランチャー、バグマビルス、ザイキング、ガメリオ、ガリネーズ、ナマケルゲ、ブーブーブー、イルバ、デスマルト、カマザキラー、ダンガー
  13. ^ イルバは本編の20話でも復活しており、二度めの復活になる。
  14. ^ 1995年6月22日までの社名は『岩手放送』だった。
  15. ^ 当局における本シリーズの放送はこれが最後となった。その後1996年10月に岩手朝日テレビが開局するまで半年間、岩手県では本シリーズは遅れネットも含めて一切放送されなかった。
  16. ^ 第27話のみ、高校野球中継の為未放映。
  17. ^ 当局の開局に伴い、沖縄県での本シリーズの放送が沖縄テレビにおけるスピルバンの放送以来8年半ぶりに復活した。

出典

  1. ^ a b 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、218頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  2. ^ 2011年6月に開催されたイベント「虫祭」で、土屋大輔、金井茂が発言[出典無効]
  3. ^ 宇宙船』Vol.121 2008夏[復活2号](ホビージャパン刊)より。
  4. ^ 首に装着したサポーターを隠すためのものと思われる
  5. ^ 第19話で、廃工場で怪人と対峙するシーンで登場しているが、顔のアップのカットは、スタジオで別撮りしているものである。
  6. ^ 全怪獣怪人 中 2003, p. 175.
  7. ^ JAE NAKED HERO 2010, p. 34, LIST OF WORKS 岡元次郎.
  8. ^ a b c OPクレジットより
  9. ^ JAE NAKED HERO 2010, p. 141, LIST OF WORKS 高岩成二.
  10. ^ 全怪獣怪人 中 2003, p. 176.
  11. ^ 全怪獣怪人 中 2003, p. 177.
  12. ^ OPのクレジットで和田圭一となっている







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

重甲ビーファイターに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「重甲ビーファイター」の関連用語

重甲ビーファイターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヘンプコード

1000系

バーボネラ

佃

デュロック

ゆりかもめ

ダブルローディング

ウエストニッパー





重甲ビーファイターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重甲ビーファイター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS