日本標準時とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 日本標準時の意味・解説 

にほん ひょうじゅんじ -へうじゆんじ [6] 【日本標準時】


日本標準時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/13 00:05 UTC 版)

日本標準時(にほんひょうじゅんじ、英語: Japan Standard Time略語JST)は、国立研究開発法人情報通信研究機構原子時計で生成・供給される協定世界時(UTC)を9時間東経135度分の時差)進めた時刻(すなわちUTC+9)をもって、日本における標準時としたものである[1][2][3]。同機構が決定するUTCは“UTC(NICT)”と称され[4]国際度量衡局が決定する協定世界時 (UTC) との差が±10ナノ秒以内を目標として調整し管理されている[5]。俗に日本時間とも呼ばれる。 情報通信研究機構が通報する標準時は、日本全国で日本放送協会 (NHK) などの放送局NTT (117) の時報に用いられている[6][7]




[ヘルプ]
  1. ^ 今村國康「巻頭インタビュー - 100万年に誤差1秒、超高精度の「時」を刻むICT社会の新たな価値感で、世界最高水準の「日本標準時」を発信」 (html) 、『NICT NEWS』2009年10月号 No.385、情報通信研究機構、東京都小金井市2009年10月、 2頁、 ISSN 2187-40422013年12月29日閲覧。§3
  2. ^ a b 情報通信研究機構 2005a, p. 2, §2.
  3. ^ a b 平成11年郵政省告示第382号 1999, 五.
  4. ^ 情報通信研究機構 2005a, p. 2, §3.
  5. ^ a b 情報通信研究機構 2005a, p. 3, §1.
  6. ^ 齊藤春夫「日本標準時とタイムビジネス」 (html) 、『NICT NEWS』2004年11月号 No.344、情報通信研究機構、東京都小金井市2004年11月、 3頁、 ISSN 2187-40422013年12月29日閲覧。§3
  7. ^ 情報通信研究機構 (2005年). “標準時・周波数標準のQ&A その他のQ&A - Q 標準時についての質問 (html)” (日本語). 標準時・周波数標準のQ&A. 情報通信研究機構. 2013年12月29日閲覧。A. ¶7
  8. ^ 片山真人、松田浩、福島登志夫、渡部潤一暦象年表の改訂について (PDF) 」 、『国立天文台報』第11巻第3・4号、国立天文台、東京都三鷹市2008年10月、 58頁、 ISSN 0915-6321NAID 40016412876NCID AN1017529X2013年12月29日閲覧。§2.2
  9. ^ a b 国立天文台 2013b.
  10. ^ NAOJ (2013年12月26日). “Glossary - Ephemeris - Time System (html)” (英語). Ephemeris Computation Office, NAOJ. NAOJ. 2013年12月29日閲覧。 “JCST, Japan Central Standard Time JCST is the official Time System in Japan. JCST = UTC + 9 hours.”
  11. ^ 国立天文台 2013a, ¶1.
  12. ^ 国立天文台 (2012年7月4日). “天文保時室 (html)” (日本語). 国立天文台・水沢VLBI観測所. 国立天文台. 2013年12月29日閲覧。 “セシウム原子時計 (4台設置)”
  13. ^ a b 国立天文台 1999, p. 暦1(3).
  14. ^ 情報通信研究機構 (2008年5月). “標準時・周波数標準のQ&A その他のQ&A - Q 「日本標準時」について定めた法令ある? (html)” (日本語). 標準時・周波数標準のQ&A. 情報通信研究機構. 2013年12月29日閲覧。
  15. ^ a b c 明治19年勅令第51号 1886.
  16. ^ 標準時ニ関スル件(明治28年勅令第167号)』、1895年12月28日、第1条。総務省法令データ提供システム 
  17. ^ 総務省設置法(平成11年法律第91号)』、1999年7月16日、第4条第73号。総務省法令データ提供システム 
  18. ^ 『総務省組織令(平成12年政令第246号)』、2000年6月7日 第10条第5号、第69条第2号 - 総務省法令データ提供システム
  19. ^ a b 昭和23年法律第245号 1948, 第5条第27号、第35条第3号.
  20. ^ a b 昭和25年法律第133号(公布時) 1950, 第4条第21号、第25条第3号.
  21. ^ a b 昭和27年法律第279号 1952, 第4条第22の9号、第17条の2第2号.
  22. ^ a b 昭和25年法律第131号 1950, 第61条.
  23. ^ a b 昭和25年電波監理委員会規則第17号 1950, 第140条.
  24. ^ a b 昭和46年郵政省告示第981号 1971.
  25. ^ 平成11年法律第162号 1999, 第14条第3号.
  26. ^ a b 平成15年文部科学省令第57号 2003, 第1条、別表第1 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 国立天文台の項.
  27. ^ a b 平成15年法律第112号 2003, 第5条第2号、別表第2.
  28. ^ a b c 昭和30年法律第44号 1955, 第4条第1項の表東京大学東京天文台の項.
  29. ^ 国立学校設置法施行令(昭和59年政令第230号) (html)” (日本語). 法令データ提供システム - 廃止法令等一覧. 総務省 (1984年6月28日). 2013年12月29日閲覧。第6条の表
  30. ^ 国立天文台 2013a, ¶3.
  31. ^ 情報通信研究機構 2005a, p. 2, §1.
  32. ^ a b 昭和37年/文部省/郵政省/告示第1号 1962.
  33. ^ サマータイム制度の導入について - Embassy of Japan in Mongolia、2015年11月1日閲覧。
  34. ^ Daylight Savings Time - Australia”. wwp.greenwichmeantime.in. 2014年1月4日閲覧。
  35. ^ 明治28年勅令第167号(公布時) 1895.
  36. ^ 明治二十八年勅令第百六十七号標準時ニ関スル件中改正ノ件(昭和12年勅令第529号)』、1937年9月25日NDLJP:2959706 
  37. ^ 新美幸男 1997, pp. 475–476, §3.
  38. ^ a b 新美幸男 1997, p. 476, §3.
  39. ^ 森川容雄 2003, p. 26, §3.1.
  40. ^ 日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律(昭和22年法律第72号)』、1947年4月18日総務省法令データ提供システムs:日本國憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律 
  41. ^ 日本国憲法施行の際現に効力を有する勅令の規定の効力等に関する政令(昭和22年政令第14号)』、1947年4月18日総務省法令データ提供システム 
  42. ^ 新美幸男 1997, p. 475, §3.
  43. ^ 電波法施行規則 抄(昭和25年電波監理委員会規則第14号)』、1950年11月30日、第40条第3項。総務省法令データ提供システム 
  44. ^ 昭和25年電波監理委員会規則第17号 1950, 第3条.
  45. ^ 平成15年文部科学省令第57号 2003, 別表第1 大学共同利用機関法人自然科学研究機構 国立天文台の項.
  46. ^ 1999年2月号,5月号 UNIX USER誌掲載「ルート訪問記」の過去記事
  47. ^ a b 森川容雄 2003, p. 26, §3.2.
  48. ^ 明治19年勅令第51号 1886, 第3条.
  49. ^ a b 官報明治第1343号 1887.
  50. ^ a b c d e 新美幸男 1997, p. 474.
  51. ^ 内閣官報局, 編纂.「明治21年文部省告示第2号」、『官報』明治第1477号、日本マイクロ写真、東京都1888年6月4日、 25頁、 NDLJP:2944714
  52. ^ 中桐正夫「東京天文台100周年記念誌作成時の資料-その1- (PDF) 」 、『アーカイブ室新聞』第346号、国立天文台、東京都三鷹市2010年6月9日、 1頁、2014年1月2日閲覧。
  53. ^ a b 新美幸男 1997, p. 473.
  54. ^ 河合章二郎 1919, pp. 137-138, §2.
  55. ^ 河合章二郎 1919, p. 139, §3.
  56. ^ 『天象観測及暦書調製ノ件(明治21年勅令第81号)』、1888年12月6日NDLJP:787973NDLJP:2944873 
  57. ^ 明治28年勅令第167号(公布時) 1895, 第1条、第3条.
  58. ^ a b c d e 松代正三 1959, p. 26.
  59. ^ a b 新美幸男 1997, p. 478, §6.
  60. ^ 『東京天文台官制(大正10年勅令第450号)』、1921年11月24日、第2条。NDLJP:2954910 
  61. ^ 文部省編、「第五章 学術・文化 第一節 概説 三 学術・文化の国際交流」 『学制百年史』東京都: 帝国地方行政学会(現 ぎょうせい)、1981年9月5日http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1317724.htm 
  62. ^ 中桐正夫 2009b, p. 1.
  63. ^ 宮地政司時間の問題 (PDF) 」 、『天文月報』第56巻第4号、日本天文学会、東京都三鷹市1963年4月、 77頁、 ISSN 0374-2466NCID AN001545552013年12月29日閲覧。§2
  64. ^ 宮地政司 1950, p. 62, §5.
  65. ^ 宮地政司 1974, pp. 100–101, §2.
  66. ^ a b c 国立科学博物館 2006.
  67. ^ 宮地政司 1974, p. 101, §2.
  68. ^ 中桐正夫 2009b, p. 3.
  69. ^ 加藤亀三郎 1977, pp. 202–203.
  70. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 情報通信研究機構 2005c.
  71. ^ 大蔵省印刷局, 編纂.「昭和23年文部省/逓信省告示第1号」、『官報』昭和第6464号、日本マイクロ写真、東京都1948年8月2日、 4頁、 NDLJP:2962998
  72. ^ 中桐正夫 2009a, pp. 3–4.
  73. ^ 宮地政司 1950, pp. 62–63, §5,§6.
  74. ^ 国立学校設置法(公布時)(昭和24年法律第150号)』、1949年5月31日、第4条。NDLJP:2963253衆議院-制定法律 
  75. ^ a b c d 加藤亀三郎 1977, p. 203.
  76. ^ a b 中桐正夫 2009a, p. 3.
  77. ^ 大蔵省印刷局, 編纂.「昭和26年文部省/電波監理委員会告示第1号」、『官報』昭和第7194号、日本マイクロ写真、東京都1951年1月5日、 5–6、 NDLJP:2963741
  78. ^ 森川容雄 2003, pp. 27–28, §4.2.
  79. ^ 計量法(公布時)(昭和26年法律第207号)』、1951年6月7日、第3条第3号。NDLJP:2963871衆議院-制定法律 
  80. ^ 新美幸男 1997, pp. 476–477, §4.
  81. ^ a b 飯島重孝 1955, p. 67, §1.
  82. ^ a b 虎尾正久 1955, p. 38.
  83. ^ a b 飯島重孝 1971, p. 321, §2.
  84. ^ 飯島重孝 1977, p. 136.
  85. ^ 中桐正夫 2011, pp. 3–4.
  86. ^ a b 飯島重孝 1977, p. 133.
  87. ^ 新美幸男 1997, p. 477, §4.
  88. ^ a b 森川容雄 2003, p. 28, §4.2.
  89. ^ 飯島重孝 1971, p. 322.
  90. ^ 国立天文台 1999, p. 天82(168).
  91. ^ 計量法の一部を改正する法律(昭和33年法律第61号) (html)” (日本語). 衆議院-制定法律. 衆議院 (1958年4月15日). 2013年12月29日閲覧。第3条第3号
  92. ^ 松代正三 1959, p. 25.
  93. ^ 飯島重孝 1971, pp. 322–323.
  94. ^ 中桐正夫 2011, p. 4.
  95. ^ 飯島重孝 1971, p. 323.
  96. ^ a b 飯島重孝 1971, p. 324, §4.
  97. ^ a b 青木信仰 & 藤本真克 1981, p. 133.
  98. ^ 計量法の一部を改正する法律(昭和47年法律第27号) (html)” (日本語). 衆議院-制定法律. 衆議院 (1972年5月9日). 2013年12月29日閲覧。第3条第3号
  99. ^ a b 青木信仰 & 藤本眞克 1984, pp. 36–37.
  100. ^ 松田浩 1996, p. 211, §1.
  101. ^ 『郵政省組織令の一部を改正する政令(昭和63年政令104号)』、1988年4月8日 
  102. ^ 『国立学校設置法施行令の一部を改正する政令(昭和63年政令第101号)』、1988年4月8日、第1条第1項、第6条の表東京大学の項。 
  103. ^ 平成4年法律第51号 1992, 第3条.
  104. ^ 計量単位令(平成4年政令第367号)』、1992年11月18日、第2条、別表第1の時間 秒の項。総務省法令データ提供システム 
  105. ^ a b 森川容雄 2003, pp. 30–31, §4.4.2.
  106. ^ 平成4年法律第51号 1992, 第134条.
  107. ^ 情報通信研究機構 (2005年). “標準時・周波数標準のQ&A 周波数と時刻に関するQ&A - Q 時間の国家標準 (html)” (日本語). 標準時・周波数標準のQ&A. 情報通信研究機構. 2014年1月5日閲覧。
  108. ^ 大野浩之、鈴木茂哉、福島登志夫、松田浩、久保浩一「セシウム原子時計に基づくNTPサーバーの試作」、『全国大会講演論文集』第47回平成5年後期第1号、情報処理学会東京都1993年9月27日、 195-196頁、 NAID 110002884402NCID AN003493282014年1月24日閲覧。オープンアクセス
  109. ^ 松田浩 1996, p. 215, §7.
  110. ^ 総務省設置法(公布時)(平成11年法律第91号) (html)” (日本語). 衆議院-制定法律. 衆議院 (1999年7月16日). 2013年12月29日閲覧。
  111. ^ 独立行政法人通信総合研究所法(公布時)(平成11年法律第162号) (html)” (日本語). 衆議院-制定法律. 衆議院 (1999年12月22日). 2013年12月29日閲覧。
  112. ^ 平成11年法律第162号 1999.
  113. ^ 『国立大学法人法施行令(平成15年政令第478号)』、2003年12月3日、第2条第2項。総務省法令データ提供システム 
  114. ^ 情報通信研究機構 (2013年12月13日). “日本標準時プロジェクト 公開NTP (html)” (日本語). 時空標準研究室. 情報通信研究機構. 2013年12月31日閲覧。§2
  115. ^ 町澤朗彦「NICT公開NTPサービス」 (html) 、『NICT NEWS』2006年10月号 No.367、情報通信研究機構、東京都小金井市2006年10月、 3頁、 ISSN 2187-40422013年12月31日閲覧。囲み記事「暮らしと技術」
  116. ^ “日本の標準時「2時間早く」 都知事が提案、政府検討へ”. 朝日新聞. (2013年5月22日). http://www.asahi.com/business/update/0522/TKY201305220005.html 2013年5月22日閲覧。 


「日本標準時」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

日本標準時に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本標準時」の関連用語

日本標準時のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゆりかもめ

ヴェルファイア

チップ ショット

脱脂乳

スローイングナイフ

地化学分析

よこね田んぼ

福智山水源林





日本標準時のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本標準時 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS