経皮毒とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 経皮毒の意味・解説 

経皮毒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/19 07:42 UTC 版)

経皮毒(けいひどく)とは、日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されることとして、竹内久米司らがその著書[1]で使用している造語。


  1. ^ 竹内久米司 『経皮毒―皮膚から、あなたの体は冒されている!』 日東書院、2005年。 - この本により経皮毒が有名になった。
  2. ^ 経済産業省、特定商取引法違反の連鎖販売業者に対する業務停止命令について(平成20年2月20日)


「経皮毒」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

経皮毒に関連した本

経皮毒に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「経皮毒」の関連用語

経皮毒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タンジャー

寒川地区棚田

200型

ツバメウオ

オリノコ・ゼブラプレコ L199

インナーキャップ

ノベタン

早池峰水源の森





経皮毒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経皮毒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS