泌乳とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > > 泌乳の意味・解説 

ひつ にゅう [0] 【泌乳】

分娩後泌乳刺激ホルモン乳腺作用して乳が分泌されること。また,その乳。

泌乳


牛の乳首が、いくつあるのかご存知ですか。あの大きなオッパイには、4つも乳首ついているのです。その乳首から、1日になんと牛乳パック(1リットル30本分!もミルクが出てきます。これを、普通は朝・夕2回に分けて搾ります。30リットルは約30キロですから、小学校低学年くらいの子ども1人分の体重 と同じ位のミルクといえます。
もちろん、牛も人間と同じように、子牛を産んでから始めてミルク出します一度お産すると、約300日の間ミルク出し続けるのです。ちなみに出産して最初の5〜6日間の初乳は、人間のためのミルクにはしません。たんぱく質ビタミンなどの栄養価とりわけ高く、子牛免疫力をつけるために必要なもの だからです。
ミルクは、牛の血液含まれる栄養素から作られます。牧草などの餌を食べて、消化された栄養素血液流れ込み乳房へと送られてミルクになります。牛の乳房には太い血管が何本も走っています。そのところどころにあるふくらみは、ミルク用の血液逆流しないための弁の役目を果たしています。牛乳1パック(1リットル)を作るには、400500リットルもの血液循環が必要です。乳牛1日に出すミルクの量を30リットルとすると、1万リットル上もの血液をめぐらせて一生懸命にミルク作り出していることになります。そして、作られたミルクは、ちょうどスポンジを含んだような状態で乳房蓄えら れ、搾乳刺激によって4つの乳頭から外へ押し出されていくのです。
ここで牛の乳房の構造についてちょっと専門的な話です。血液から栄養分をとり、お乳を作るのが「乳腺胞」。ここはお乳をためておく役割も持っています。乳腺胞で作られたお乳は、乳管通って乳腺乳頭呼ばれるところへ。そして乳頭孔というオッパイ先からお乳が出てくるというしくみになっています。
さて、緑の赤い血になって、白いミルクに変わることを不思議だと思いませんかミルク白く見えるのは、じつはたんぱく質脂肪小さな粒にすべての色の光が乱反射して混じり合っているからです。


泌乳



<ミルククラブ情報誌'99 SPRING vol.33より>





泌乳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「泌乳」の用例一覧


辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「泌乳」の関連用語

泌乳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

部分脱脂乳

ナチュラルチーズ

サイレージ

配合飼料

サイロ

プレート式熱交換機

体型

人工哺乳





泌乳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2016 Japan Dairy Council All right reserved.

©2016 Weblio RSS