業務の適正を確保するための体制とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 業務の適正を確保するための体制の意味・解説 

業務の適正を確保するための体制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/07 15:09 UTC 版)

業務の適正を確保するための体制 (ぎょうむのてきせいをかくほするためのたいせい)は、会社法(平成17年7月26日法律第86号・平成18年5月1日施行)で定義される用語である。「業務の適正」とは、違法行為や不正、ミスやエラーなどが行われることなく、組織が健全かつ有効・効率的に運営されるよう各業務で所定の基準や手続きを定め、それに基づいて管理・監視・保証を行うことを意味する。




「業務の適正を確保するための体制」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「業務の適正を確保するための体制」の関連用語

業務の適正を確保するための体制のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

砂れき地

BMX

間四ケン

井上馨

RGB

江連用水

上信越高原国立公園

鵯桜





業務の適正を確保するための体制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの業務の適正を確保するための体制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS