春の彼岸とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 春の彼岸の意味・解説 

春彼岸

読み方:はるひがん
別表記:春の彼岸

春分の日中心中日)とする彼岸秋の彼岸に対して言う。

春の彼岸

彼岸について

春の彼岸彼岸会ひがんえ)とは、日本独特の習慣で、彼岸讃仏して法要を営む彼岸法要のことを言います。
太陽真東から昇って真西に沈む日である春分の日秋分の日に、夕暮れ太陽が沈む真西方角にあると言われる仏様の住む西方浄土理想境の世界に向って、読経(観無量寿経など)を営むことによって得られるとされる精進功徳をもち、先祖の霊の成仏祈り、自らも現世苦しみから解き放たれたいと願って法要を営むことを言います。
春分の日中日とする前後1週間を「春の彼岸」、秋分の日中日とする前後1週間を「秋の彼岸」といい、中日である彼岸の中日彼岸会営みます。

彼岸の由来

サンスクリット語(梵語)の「パーラミター波羅蜜多」という言葉からきており、本来は「到彼岸と言って生死苦しみである現世(此岸)を離れて、極楽安楽国(彼岸)に到達するという意味です。
仏教では、現実世界を「此岸(しがん)」といい、苦しみにより生死をさまよっている状態のこと指して言います。その一方で此岸苦しみから「悟りを開いて解き放たれ」、辿り着きたい川の向こう岸理想世界例えて「彼岸(ひがん)」としています。

ひとくちMEMO

春の彼岸
春分の日中日とする一週間、期間の初日である3月18日(又は17日)を彼岸の入りといい、中日彼岸の中日最終日3月24日(又は23日)を彼岸明けという。
彼岸
春分の日秋分の日中日彼岸の中日)として前後3日間を入れた1週間彼岸(春の彼岸・秋の彼岸)といい、亡き霊を供養する彼岸供養のために寺院での彼岸会ひがんえ)に出向いたり、お墓参りをしたり、僧侶を招いて読経をあげてもらったりする。

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り 献辞表書き 慶弔用品
彼岸供養彼岸会時の寺院僧侶への謝礼 当家 御法禮
御回向料
御経料
御布施
御礼
金封
双銀結切り/双銀あわび結び
黄白結切り/黄白あわび結び
水引熨斗なし
【のし袋】
無地/黄白(銀)結切り
黄白(銀)あわび結び
御布施字入

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

のし紙/金封/のし袋の様式 使い方
金封:使用例 のし袋:使用例





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「春の彼岸」の関連用語

春の彼岸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

犬張り子について

召天記念式

お祭り

通夜

初誕生日

結婚祝い

帯祝い

正月





春の彼岸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2017
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー

©2017 Weblio RSS