太宰府天満宮の梅林とクスノキの森とは?

Weblio 辞書 > 文化 > かおり風景100選 > 太宰府天満宮の梅林とクスノキの森の意味・解説 

太宰府天満宮の梅林とクスノキの森

祭神菅原道真に縁のある梅林中にクスノキ境内ところ狭し生育しており、特有の風景を醸し出している。境内には1976000本の生育しており、1月から4月上旬まで梅の香りが楽しめるまた、4月末から5月末の新緑時には樹齢1000年とも言われる大樟を含む51本のクスノキのかおりも楽しむことができる。太宰府天満宮天満宮総本山クスノキのうち2本は国の天然記念物49本は「天神)」として県指定され保護されている。
 
所在地 福岡県太宰府市
かおりの源 クスノキ
季節 1月4月上旬)、4月末〜5月末)

太宰府天満宮の梅林とクスノキの森





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「太宰府天満宮の梅林とクスノキの森」の関連用語

太宰府天満宮の梅林とクスノキの森のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

金華山の原生林と鹿

山田町府馬の大クス

シトラスパーク瀬戸田の柑橘類

大潟菜の花ロード

愛媛西宇和の温州みかん

宇治平等院表参道茶のかおり

伊勢神宮参道千年の杜

須賀川牡丹園の牡丹焚火





太宰府天満宮の梅林とクスノキの森のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2016 Kankyosho All rights reserved.

©2016 Weblio RSS