冗談とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 言葉 > 冗談の意味・解説 

じょう だん [3] 【冗談】

ふざけて言う言葉たわむれに言う話。 「 -を言う」 「 -を真(ま)に受ける」
ふざけてすること。たわむれいたずら。 「 -に皮肉を言ったら,本気で怒り出した」 「 -な女どもだ。みんな着物をかぶつてくるは/滑稽本膝栗毛 6」 〔「冗談に程がある」の形で,相手行動あまりにもふざけていて,とても受け入れられない意を表すのにも用いる。「私がいかさましたって,-にも程がある」〕


冗談

作者バリー・ユアグロー

収載図書一人の男が飛行機から飛び降りる
出版社新潮社
刊行年月1996.7

収載図書一人の男が飛行機から飛び降りる
出版社新潮社
刊行年月1999.9
シリーズ名新潮文庫


冗談

作者ジョーク山越

収載図書冗談
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2005.5


冗談

作者アイザックB.シンガー

収載図書カフカの友20物語
出版社彩流社
刊行年月2006.6


ジョーク

(冗談 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/30 15:17 UTC 版)

ジョーク: joke)または冗談(じょうだん)は聞き手や読み手を笑わせたり、ユーモアを感じさせる小咄や短い文の事。日本語では音と意味の近い冗句(じょうく)と当て字されることがある。ここでいう「ジョーク」は、悪ふざけ (practical joke) とは異なる。


[ヘルプ]
  1. ^ 訳注: ブッシュの展開した政治的キャンペーンのひとつに「落ちこぼれを残すな」という教育問題に関するキャンペーンがあり、それにひっかけたジョークである。
  2. ^ 高畑昭男・産経新聞編集委員兼論説委員が毎日新聞在籍時代に考案したという。政経倶楽部第47回例会 会員レポート
  3. ^ 訳注:英語のperiodには、月経の意味もある。
  4. ^ 訳注:「council house」は、英語では公営住宅を、米語では会議場を意味する。
  5. ^ 訳注: キノコ、つまりマッシュルームは、原爆のきのこ雲の暗示だが、スラブ系の人たちの間では野生のキノコをとって食べるのが周知の文化的習慣になっていることに引っ掛けてある。en:Mushroom picking in Slavic cultureを参照のこと。
  6. ^ 訳注: 両手両足の指の数「+1」で21
  7. ^ 考え落ち。「私もブロンドなのよ!!」という女の台詞を「私もブロンドで頭が弱いから、ブロンドジョークを言われても理解できないわ」の意味だと解釈した為、「(ブロンドの君でも分かるように)ゆっくり話そう」と返答した。
  8. ^ 全盲の人は家の中の、どの方向に何歩歩いたところに何があるかを全部記憶し(メンタルマップ)、それに基づいて行動しているので、これを変えられると何も出来なくなってしまう。
  9. ^ 訳注: キツネの毛の色は赤で表現されることが多い。
  10. ^ 2006年FIFAサッカーワールドカップの結果が散々だった日本を、日本人の礼儀正しさを織り交ぜて皮肉ったジョーク。


「ジョーク」の続きの解説一覧





冗談と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

冗談に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「冗談」の関連用語

冗談のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スイングアーム

docomo STYLE series SH-05A

竹田湧水群

ガーデンフォーク

支笏洞爺国立公園

FLASHWAVE9500パケット統合光伝送システム

ライナーワーク

日南海岸国定公園





冗談のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジョーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS