使用済燃料中間貯蔵とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力防災基礎用語 > 使用済燃料中間貯蔵の意味・解説 

使用済燃料中間貯蔵

使用済燃料中間貯蔵とは、使用済燃料再処理されるまでの間、原子力発電所外の施設中間的貯蔵管理することをいう。 日本では、原子力発電所発生した使用済燃料再処理してプルトニウムなどを回収し、再利用する政策が取られているが、使用済燃料発生量が再処理能力よりも多いことなどから、使用済燃料再処理するまでの間、原子力発電所外の施設搬出し、中間貯蔵施設貯蔵管理することが検討されている。中間貯蔵を行うことで、再処理するまでの間の時間調整することが可能になるので、核燃料サイクル全体柔軟運営することができる。 使用済燃料中間貯蔵




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

使用済燃料中間貯蔵に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「使用済燃料中間貯蔵」の関連用語

使用済燃料中間貯蔵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高速増殖炉

緊急被ばく医療

心のケア

五重の壁

燃料集合体

デブリーフィング

グローブボックス

放射性物質





使用済燃料中間貯蔵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2016 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集

©2016 Weblio RSS