ボーフォール・エテとは?

Weblio 辞書 > 食品 > チーズ一覧 > ボーフォール・エテの意味・解説 

ボーフォール・エテ

ボーフォール・エテ

タイプ ハード 原産国 フランス
容量 200g 乳種
ボーフォール・エテ

昔からサヴォワ地方牧草が豊かに生い茂り牛乳収穫量が多い地域でした。厳しい冬乗り切るため、この牛乳を使って長持ちするチーズを作ったのが始まり今でも大部分工程手作業で行う、伝統的製法が守られています。

その味わいは「ほっくりとしたのような味わい」と表現され、ミルクコクがたっぷりで、かすかに甘みありますフルーツ思わせる香りとなめらかな舌ざわりは「チーズプリンスと言われるゆえんです。中でもこの「ボーフォール・エテ」と呼ばれるものは特に珍重されます。エテとは「夏」という意味。「夏のボーフォール」を特に区別してそう呼びます。

サヴォワ山岳地帯一年半分に閉ざされるといわれ、冬の間、牛たちは牛舎の中で干草を食べています。やっと解ける6月10月短い夏の間に、牛たちは広々としたアルプス高地放牧され、太陽のもと青々とした牧草や花を食べて過ごします。そんな夏のミルク栄養価が高く、美味しさが違います。このミルク作るボーフォール・エテは、同じボーフォールでも味も色も濃く格段に美味しいのです。チーズは冬の間に作られたものより黄色みを帯びて、上品なコク感じられます。ナッツ香や芳醇風味素晴らしく、「エテ」の濃厚さと気品のある味わいは、ボーフォール中でも特別といえます。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ボーフォール・エテ」の関連用語

ボーフォール・エテのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エティバ

バラカ

ブリー・サンベノア

フェタオイル

シュロップシャーブルー

ショーム

スカモルツァ

ERUスプレッド





ボーフォール・エテのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本マイセラ日本マイセラ
COPYRIGHT© CHEESE CLUB.
チーズ一覧

©2016 Weblio RSS