ポーターとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 作曲家 > ポーターの意味・解説 

ポーター [1] 【porter】

駅やホテルで客の荷物運搬仕事とする人。

ポーター 【Porter】 ○

Rodney Robert P.〕 (1917~1985 イギリス免疫化学者。抗体四つペプチド分子から構成されることを明らかにした。

ポーター

ポーターは1722年ロンドンでつくられた、ホップ苦味が強い濃色ビール大量ホップ着色用に強く焦がした色麦芽使用当初市場人夫(ポーター)がこれを愛用したので、この名が使われたといわれています。この頃は、小樽詰め1年あるいはそれ以上貯蔵18世紀終わりには貯蔵大桶行ない、3ヶ月短縮しています。一時人気を博し、ドイツハンブルクでもつくられるようになったポーターですが、スタウト登場により現在ではイギリス本土ではみられなくなってしまいました。

ポーター

ポーター

タイプ ハード 原産国 アイルランド
容量 200g 乳種
ポーター

チェダータイプのチーズアイルランド伝統のポーター(黒ビール)を混ぜ込んでいます。黒いマーブル模様見た目にとてもインパクトあります。食べるとコクのある味わいに、黒ビール苦味が少し感じられます。合わせるなら、コクのあるイギリスエールビール黒ビール一緒に



ポーター

名前 PorterPoterPotter

ポーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/17 03:17 UTC 版)

Porter

一般名詞

  • ラテン語: portare「運ぶ」に由来する英単語で、「運搬人」などの意。 → en:Porter (carrier)
    • 鉄道駅構内で旅客の手荷物等を客に代わり駅構内から待合室や客車等に運搬する職業、または職業に従事していた者。→ ポーター (鉄道)
    • タクシー乗り場・待機場で、乗客へのトランクサービス・ドアサービスを行ったり、車両の誘導等を行う者。
    • ホテルで客の手荷物等を客に代わり運搬する職業、または職業に従事している者。ボーイ。
  • ビールの一種。18世紀のロンドンで、荷役労働者(porter)らに人気だったことから名を得たという。 → ポーター (ビール)
  • 通俗的なトランスポーターの略称。

人名

その他の固有名詞や商標など

その他

  • の品種のひとつ、ポーター(Pouter)。素嚢を膨らませて鳩胸を強調するように育種された愛玩用の鳩。日本でポーターと呼ばれる場合があるが、英語の発音は「パウター」である。
  • 日本語で、路上駐車の場所取り屋のこと。
  • ヤマハの電子キーボード、Portatone(ポータトーン)の略。






ポーターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ポーター」の関連用語

ポーターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フェルムトランブレイ・カマンベール

ワインカクテル

ブリー・サンベノア

鏡

トルコ・シリーズ

ワインカクテル

ブリアサヴァラン

ビールの利用法





ポーターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2016 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
日本マイセラ日本マイセラ
COPYRIGHT© CHEESE CLUB.
チーズ一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS