ヒキウスとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > ヒキウスの意味・解説 

ヒキウス (ひきうす)

ヒキウス 米、小麦をはじめ、大豆などの雑穀の精粉に明治以来昭和20年代まで使用された。ふつう石臼という。上臼の穴に、少量づつ乾物落とし上臼把手廻すと、上下臼の摺面で挽砕され、粉として出てくる。臼の摺面は、上下臼ともに、複合放射状に浅い溝が切ってある。上臼は、直径28.5cm、高さ11.5cm、下臼の直径28.5cm、高さ10cm。上臼にはめたクランクの腕長6.5cm、把手29cm、重さ40kgである。

碾臼

読み方:ヒキウス(hikiusu)

穀類で粉をつくったり油をしぼったりする用具

別名 磨碾


磨碾

読み方:ヒキウス(hikiusu)

穀類で粉をつくったり油をしぼったりする用具

別名 碾臼





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヒキウスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒキウス」の関連用語

ヒキウスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

輪転式麦土入機

田打車

自在鍵

押切り

米つき臼・杵

おはち

麦打ち機

目ぬきとおし





ヒキウスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS