バーゼル条約とは?

バーゼル条約(ばーぜるじょうやく)(Basel Convention)

有害廃棄物移動処分に関する国際条約

汚染土壌医療廃棄物などの有害な廃棄物について国境をまたがる移動規制するために定められた条約のこと。1989年スイスバーゼル採択され、1992年発効した。日本1993年批准

1970年代から80年代にかけて、ヨーロッパ先進国からの有害廃棄物アフリカ発展途上国放置され、環境悪影響与え事態が相次いだ。そこで、環境保全観点から有害廃棄物責任の所在を明確にするため、バーゼル条約が採択された。

なお、バーゼル条約の正式名称は「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」という。

これまでバーゼル条約を批准していなかったアメリカ批准意向示していることが明らかになった。

(2005.05.02掲載


バーゼル条約

UNEP1989年3月採択した「有害廃棄物越境移動及びその規制に関するバーゼル条約」のことです。有害廃棄物越境移動原則禁止自国処分原則越境移動の際の事前通報義務違法越境移動場合廃棄物発生国が再輸入措置をとること,開発途上国への技術協力などのための基金設立などを主な内容としています。

バーゼル条約

UNEP主導1989年採択された,有害物質輸出入監視するための条約こと。正式名は,有害廃棄物越境移動およびその処分規制に関するバゼール条約である。廃棄物を処理す能力のない国への相次ぐ有害物質輸出によって,その国の環境破壊されたことからつくられたもの。廃棄物輸入事前に了解されたか,適正な処理が行われたか,行われなかった場合回収はどうするかなどの内容盛り込まれてある。

バーゼル条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/18 23:42 UTC 版)

バーゼル条約(バーゼルじょうやく、Basel Convention)は、正式には「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」といい、一定の廃棄物国境を越える移動等の規制について国際的な枠組みおよび手続等を規定した条約である。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 池上彰監修『ニュースに出てくる国際条約じてん 4環境』彩流社、2014年 ISBN 9784779150111


「バーゼル条約」の続きの解説一覧





バーゼル条約と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バーゼル条約に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バーゼル条約」の関連用語

バーゼル条約のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

果樹園

ローゼンボーグ・カマンベール

XJR400R

ミッション

ユビウミウシ

枚岡神社の社叢

湧玉池

はんぺん





バーゼル条約のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2017 All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバーゼル条約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS