ナガレ山古墳とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > ナガレ山古墳の意味・解説 

ナガレ山古墳

名称: ナガレ山古墳
ふりがな ながれやまこふん
種別 史跡
種別2:
都道府県 奈良県
市区町村 北城郡河合町
管理団体
指定年月日 1976.12.27(昭和51.12.27)
指定基準 史1
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: S51-12-015ナガレ[[山古墳]やまこふん].txt: この古墳は、奈良盆地の西を限る馬見丘陵東支丘上に位置し、著名な馬見古墳群中央部所在する特別史跡巣山古墳史跡乙女山古墳近接している。
 本古墳は、南向きの2段築成の前方後円墳で、全長103メートル後円部64メートル前方部70メートル測る比較大形古墳であり、墳丘周辺には築造時に削平平坦に造った平場が残されており、墳丘墓域考え手掛りとなっている。
 昭和50年墳丘土取り工事起こり奈良県教育委員会調査実施した結果墳丘裾部に埴輪めぐらすこと及びその良好遺存状況注目された。埴輪例は、布掘りの掘方の内に10センチメートル間隔円筒埴輪立て並べ10本ないし20本ごとに形象埴輪推定される大形埴輪配置したものであることが判明した。墳丘裾部には葺石がみられ、埴輪列の外方約1.5メートル位置に、板状安山岩を2~3段重ね基底としている。くびれ部には埴輪により区切られた方形区画発見され、埴輪配置から1辺10メートルほどの規模推定されている。
 この古墳は、埋葬施設調査されていないものの墳丘形態埴輪特徴からみて、5世紀前半ごろの築造考えられ、馬見古墳群形成過程理解する上で欠くことのできない重要性を持つものである

ナガレ山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/25 16:48 UTC 版)

ナガレ山古墳(ながれやまこふん)は、奈良県北葛城郡河合町馬見古墳群内にある前方後円墳である。1976年12月27日国の史跡に指定。




「ナガレ山古墳」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ナガレ山古墳に関連した本

ナガレ山古墳に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ナガレ山古墳」の関連用語

ナガレ山古墳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ナガレ山古墳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2014 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナガレ山古墳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS