スポーツカイトとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > スポーツ競技 > スポーツカイトの意味・解説 

スポーツカイト

歴史と沿革

1980年代アメリカ誕生以来またたく間に人気を博し世界中へと普及したスポーツカイトは、何よりも風を味方にするスピード感が魅力です。
また、空中シンクロナイズドスイミングとも形容される通り計算された構成力、高い技術力求められる最先端スポーツです。

その名のとおり、一般にいう凧上げとは違い、2本の糸を持つ操作性のある「カイト」によって技術芸術性を競い合うのがスポーツカイトです。
年齢性別制限はなく、身体で風を感じながら楽しめる新し分野スポーツとして注目されています。現在、日本でもフライヤー人口5万人と熱気あふれるブーム形成しつつあります

2008年フランス行われ世界選手権では日本の「チーム airrex」が念願優勝を果たしました。
また、最近ではテーマパークなどのショーイベントなどにも積極的に取り入れられるなど、エンターテインメント分野でも注目されています。


競技方法・ルール

競技大きく分けて1人演技をする「個人」、2人演技をする「ペア」、3人以上で演技をする「チーム」の3種類があります
さらに決められた図形通りに正確にフライトする「規定」、音楽合わせて表現する「バレー」に分けられます。
それらの演技を、5人のジャッジ審査員)がそれぞれの詳細な項目に点数をつけた合計点で競います。

競技は、国際ルールである「インターナショナルスポーツカイトルールブック(IRBC)」に基づいて行われます。
そのなかで競技時間競技エリア、各ジャッジ役割などが細かく規定されています。また、ペナルティ」「安全」「スポーツマンシップ」「オフィシャルスタッフ」「競技中のアドバイス」「抗議」「ペア・チームメンバー」の各ルールについて明記され、なかでも「安全」が重視されています。

詳しく国際ルールブック委員会ホームページをご覧ください




道具、コートなどの説明

スポーツカイト本体ラインハンドルまたはストラップ
動きやすい服装選び滑りにくい靴底運動靴サングラスなどを使用します。

スポーツカイト本体は型で分けると、デルタ型、ダイヤ型などがあります
現在はデルタ型が主流で、ダイヤ型はショーイベントのみで使われています。(写真全てデルタ型です。)
また、ライン(糸)で分けると、1本のライン操作する「シングルライン」、2本のライン操作する「デュアルライン」、4本のライン操作する「クワッドライン」のほか、3本というのもあります

スポーツカイトを揚げる際は、事故防止のため、高圧電線近くや狭い所、人ごみのなかは避けるよう注意が必要です。


写真提供 全日本スポーツカイト協会



参照リンク:

全日本スポーツカイト協会
http://www.ajska.gr.jp/


スポーツカイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/15 12:45 UTC 版)

スポーツカイト: Sport kite)は、野外で行う、独特のを用いたスカイスポーツである。






「スポーツカイト」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「スポーツカイト」の関連用語

スポーツカイトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

BMX

ショートトラックスピードスケート

ブーメラン

カバディ

ジェットスポーツ

フライングディスク

ダンススポーツ

オーケーゴルフ





スポーツカイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスポーツカイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS