グラススキーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > グラス > グラススキーの意味・解説 

グラススキー

歴史と沿革


グラススキーとは、文字通り草の上を滑るスキーです。70cm~90cmほどのキャタピラのついたスキーで、ストックや靴などはスノースキーと同じ物を使用します。

1960年代ドイツ発祥し、スノースキーの夏場トレーニング用として広がりました。その後ヨーロッパ中心に普及するにつれ、独立した競技として行われるようになり、1979年には第1回世界選手権大会が行われ、以後2年ごとに開催されております日本には約30年前に紹介され、スキー場の夏の有効利用として、あるいは少な地域用として各地にグラススキー場が造られました。


日本グラススキー協会1985年発足1987年には第5回世界選手権大会13ヶ国1地域参加)を長野県野辺山スキー場で開催しました。その後1993年には社団法人として認証され、総裁として(故)高円宮憲仁親王殿下にご就任いただきました。現在は高円宮憲仁親王妃久子殿下総裁として大変なご協力をいただいています。

グラススキーの普及体験開催)を通じて国民健康生活への寄与もちろんのこと2000年8月徳島県中尾山高原グラススキー場開催したジュニア世界選手権大会11ヶ国参加以降毎年ジュニア世界選手権への選手派遣を含め、多くジュニア層を対象にグラススキーを通じさまざまな経験サポートしています。さらに、国内大会として全日本選手権大会高円宮ジャパンオープン、ジャパンジュニア大会他、日本各地での競技会開催し、国内幅広い層のグラススキーヤーをサポートしております。また多く皆様ご支援いただいた結果2005年9月ジュニア世界選手権では日本選手初めてのメダリスト誕生2005年世界選手権では日本選手(2名)が初入賞、2007年9月世界選手権では初のメダリスト誕生と、選手頑張っています。美しい緑の自然の中、爽やかなグラススキースポーツにチャレンジしてください


競技方法


スーパー大回転大回転回転、スーパーコンビと全4種目があり、設定された旗門コース)をクリアし、ゴールタイムを競います。スピードへの対応を要求されるスーパー大回転から、細かな旗門設定回転競技までその魅力無限大です。


競技方法・ルール

種目ごとにコース全長斜度旗門間の長さ使用用具などに関する規定設けられています。

*より詳しい競技説明ルールについては、「グラススキー競技ルール」ご参照ください



グラススキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/23 18:57 UTC 版)

グラススキー(Grass skiing)とはスキー競技の一つで芝の上を滑る競技。 用具にはキャタピラ状の専用用具を用い、スキー板の代わりにスキーブーツに装着して芝の上を滑走する。




[ヘルプ]
  1. ^ グラススキースポーツについて”. 日本グラススキー協会. 2016年12月24日閲覧。


「グラススキー」の続きの解説一覧





グラススキーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「グラススキー」の関連用語

グラススキーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パラシュートスポーツ

ボディボード

セーリング

ジェットスポーツ

ダーツ

セーリング

フリスビードッグ

スポーツチャンバラ





グラススキーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグラススキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS