ガンバ大阪とは?

ガンバ大阪

法人名株式会社 ガンバ大阪
代表取締役社長 金森 喜久男
Jリーグ加盟1991年
呼称ガンバ大阪
クラブ所在地〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園3-3 万博記念公園スポーツ広場
ホームタウン大阪府吹田市
ホームスタジアム万博記念競技場収容人数21,000人)
チーム名の由来GAMBAイタリア語で「脚」の意味。サッカー原点である「脚」によってシンプルで強いチームを目指すまた、ガンバ」という響き日本語の「頑張る」にも通じる。
クラブカラーブルーブラック
ファンクラブTel.06-6875-7744 ガンバ大阪ファンクラブ事務局
ホームページhttp://www.gamba-osaka.net/

ガンバ大阪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/28 09:55 UTC 版)

ガンバ大阪(ガンバ おおさか、Gamba Osaka)は、日本大阪府吹田市茨木市高槻市豊中市池田市摂津市箕面市をホームタウンとする[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。




[ヘルプ]
  1. ^ Jリーグでは2016年から背中の広告に関してこれまでの背番号上の上部だけでなく裾部分の下部にも掲出が可能になったが、ガンバ大阪ではそれ以前に下部にスポンサーを掲出していたことになる。2016年以前に下部にロゴを提出していた例としてFC東京柏レイソルがある(FC東京は2008年までは、ほかのチームと同様に上部に掲出していたが。2009年以降背中スポンサーのLIFEVAL(2009年)、TEPCO(2010年-2011年4月)、Mitsubishi Corporation(2012年以降)は下部に掲出している。また2016年のスポンサー解禁以降も背中上部には掲出していない。柏の場合は2014年から上部にスポンサーのAflac、下部に柏が支援しているセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのロゴが無償提出されていた。)。
[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae クラブガイド:ガンバ大阪”. 日本プロサッカーリーグ. 2015年3月30日閲覧。
  2. ^ ガンバ大阪スタジアム”. 日本プロサッカーリーグ. 2016年1月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 2014年度(平成26年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2015年10月11日閲覧。
  4. ^ a b 『ガンバ大阪オフィシャルイヤーブック 2009』 102頁
  5. ^ 第2回 サポーターミーティング - ガンバ大阪オフィシャルサイト
  6. ^ Jリーグニュースプラス Vol.2 - Jリーグ公式サイト、2008年4月
  7. ^ “ガンバ大阪・名古屋グランパスのホームタウン広域化について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2012年2月21日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00004340.html 2013年3月1日閲覧。 
  8. ^ “松本山雅FC、ガンバ大阪ホームタウン追加について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年5月21日), http://www.jleague.jp/release/post-35366/ 2015年5月21日閲覧。 
  9. ^ クラブ概要 - ガンバ大阪オフィシャルサイト
  10. ^ [ 5.15 ハッピーバースデー J.LEAGUE ] PLAYBACK 1993 - J's GOAL、2010年5月13日。また、2011年10月2日の20周年記念試合では開幕当初の衣装で登場した。
  11. ^ 川淵三郎『虹を掴む』講談社、2006年 ISBN 978-4062126762
  12. ^ サッカーマガジンJリーグ名古屋グランパス優勝号 2011年 1/1号、p.64。
  13. ^ a b 第10節 川崎戦はACL出場のため、7月1日に実施。
  14. ^ 松波正信監督の退任について ガンバ大阪オフィシャルサイト、2013年1月1日
  15. ^ “G大阪、ミラクルVで3冠王手! 降格圏から史上最大14差ひっくり返す”. LivedoorNEWS. (2014年12月6日). http://news.livedoor.com/article/detail/9547865/ 2014年12月6日閲覧。 
  16. ^ 第9節名古屋戦、第10節鹿島戦はACL出場により、8月17日と7月27日に実施。
  17. ^ 2011年シーズン 金沢での公式戦開催について ガンバ大阪オフィシャルサイト、2011年2月4日
  18. ^ “「Panasonic Cup 」スタジアムグルメ-美味G-のご案内” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2016年2月13日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/3958/ 2016年2月14日閲覧。 
  19. ^ “ガンバ大阪ミュージアム「Blu STORIA」情報!” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2016年2月11日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/3949/ 2016年2月14日閲覧。 
  20. ^ 「新スタジアム」建設にむけて”. スタジアム建設募金団体公式サイト (2008年7月18日). 2013年3月1日閲覧。
  21. ^ 参考・1992年は神戸中央2、岡山陸・神戸ユ・西京極各1
  22. ^ a b 『ガンバ大阪15年史』ベースボール・マガジン社、2007年 ISBN 978-4583614632
  23. ^ “2016明治安田生命J3リーグへ参加するU-23チームが決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年12月15日), http://www.jleague.jp/release/post-40975/ 2016年1月25日閲覧。 
  24. ^ “2016明治安田生命J3リーグに「ガンバ大阪U-23」チームが参加” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2015年12月15日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/0/no/3759/ 2016年1月25日閲覧。 
  25. ^ “第13回サポーターミーティング” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2014年8月31日), http://www2.gamba-osaka.net/supporter/meeting13.html 2016年1月25日閲覧。 
  26. ^ “G大阪セカンドチームJ3参入検討 若手に英才教育” (プレスリリース), 日刊スポーツ, (2015年10月6日), http://www.nikkansports.com/soccer/news/1549082.html 2016年1月25日閲覧。 
  27. ^ “ガンバ大阪 コーチングスタッフ加入のお知らせ” (プレスリリース), ガンバ大阪, (2016年1月7日), http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/3827 2016年1月25日閲覧。 
  28. ^ “登録選手追加・変更・抹消のお知らせ(2016/03/11)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年3月11日), http://www.jleague.jp/release/post-42219/ 2016年3月15日閲覧。 
  29. ^ アカデミー - ガンバ大阪オフィシャルサイト







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ガンバ大阪に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ガンバ大阪」の関連用語

ガンバ大阪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

柊木犀

色上質

ダック・フット

MA70J/S

八丈島

ガガイモ

博物館

第八おりいぶ丸





ガンバ大阪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本プロサッカーリーグ社団法人日本プロサッカーリーグ
©JAPAN PROFESSIONAL FOOTBALL LEAGUE J.LEAGUE MEDIA PROMOTION,INC. J. LEAGUE PHOTOS,INC. J. LEAGUE ENTERPRISE,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンバ大阪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS