松下電器産業とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 松下電器産業の意味・解説 

パナソニック

別名:松下電器,松下電器産業,松下電器産業株式会社パナソニック株式会社
【英】Panasonic, Panasonic Corporation

パナソニックとは、松下幸之助によって設立された日本総合家電メーカーの名称である。長らく「松下電器産業」の名称で知られてきた。

パナソニックの前身1918年創業された松下電気器具製作所である。後に松下電器製作所、松下電器産業と改称され、総合的電器メーカーとして世界的規模成長した。冷蔵庫等のいわゆる白物家電は「National」、映像機器音響機器などの電子機器は「Panasonic」のブランドで提供された。海外ではPanasonic統一ブランドとし、欧米かアジアまで広く認知されている。

2008年10月、正式な商号が「パナソニック」とされ、製品ブランド統一してパナソニックに統一された。松下電器ナショナル、パナソニックというブランド結束された。


参照リンク
パナソニック

パナソニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/24 13:28 UTC 版)

(松下電器産業 から転送)

パナソニック株式会社Panasonic Corporation)は、大阪府に本社を置く大手総合電機メーカーである。パナソニックグループ事業持株会社として、三洋電機パナホームなどを傘下に持つ。創業者は松下幸之助TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。国際オリンピック委員会国際パラリンピック委員会の双方とワールドワイドパートナー契約を結んでいる。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 日立製作所は、企業間取引や企業対政府間取引を重視する姿勢はパナソニックとかわりはないが、オートモティブや機能材料にくわえ、情報通信システムや鉄道・電力システムなどの社会インフラ事業で大規模プロジェクトの獲得を目指す点でパナソニックとは異なっている。
  2. ^ この数は、2011年4月末時点のコンビニエンスストア国内トップ3「セブン-イレブン」「ローソン」「ファミリーマート」を合わせた店舗数31,500店よりも多く、全国津々浦々に系列店販売網が展開されていたことを物語る。
  3. ^ 本製品は開発元がパナファコム(PFU)であり、富士通ブランド、松下ブランド、そして事務系の内田洋行ブランドの3種類のブランドで販売されている。又、日立製作所のパーソナルワークステーション『FLORA』は、内田洋行とPanafacomが合併する以前、PanafacomによってOEM供給されていたものである。
  4. ^ なお、前出のPanafacom及びFM-Rシリーズ及び日立製作所のFLORAパーソナルワークステーションにはジャストシステムの一太郎Ver.4及び花子Ver.2がバンドル及び対応商品が販売されていた。尚、元来この製品群は一太郎のバンドルを前提で開発されている。
  5. ^ ごく一部のグループ企業(クボタ松下電工外装(現・ケイミュー)など)を除く。
  6. ^ 番組名に「ナショナル」を冠していなかった「歌のない歌謡曲」については、名称変更はしていないが、番組のオープニング曲は三木鶏郎作曲のCMソング「明るいナショナル」からドリームズ・カム・トゥルーの「SEEDS OF TOMORROW」に変更された。
  7. ^ 幸之助が石清水八幡宮を参詣した際、破魔矢からヒントを得た[35]
  8. ^ 前述の通り、2005年にはDJ機器以外の製品は既に終息しており、「National」と異なり正式な発表や、報道が行われることはなかった。
  9. ^ 2010年2月15日放送分から差し替え。
  10. ^ 2010年4月5日放送分から差し替え。
  11. ^ The Olympic Partner(最高位のオリンピックパートナー(スポンサー))」の略で、日本企業ではこれまでパナソニック1社のみであったが、2014年からブリヂストンゴム関連(タイヤ・免震ゴム・自転車)のカテゴリーで、トヨタ自動車が2017年からモビリティ分野のカテゴリーにて公式パートナーを務めている。
  12. ^ ライオンが代わりに「LIONスペシャル」を、2010年11月22日に放送した。
  13. ^ 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震発生に伴う広告活動自粛のためノースポンサード(実際に流れたCMはACジャパンのみ)での放映となった。ちなみに、2011年3月21日に放送した。

出典

  1. ^ パナソニック>IR(投資家向け情報)>決算報告>2011年度>年間決算>決算短信(連結・単独)>連結資本勘定計算書>資本金
  2. ^ パナソニック>IR(投資家向け情報)>決算報告>2011年度>年間決算>決算短信(連結・単独)>連結損益計算書>売上高
  3. ^ パナソニック>IR(投資家向け情報)>決算報告>2011年度>年間決算>決算短信(連結・単独)>連結損益計算書>営業利益
  4. ^ パナソニック>IR(投資家向け情報)>決算報告>2011年度>年間決算>決算短信(連結・単独)>連結損益計算書>税引前利益
  5. ^ パナソニック>IR(投資家向け情報)>決算報告>2013年度>年間決算>決算短信(連結・単独)>連結貸借対照表>資産合計
  6. ^ パナソニック>IR(投資家向け情報)>決算報告>2011年度>年間決算>決算短信(連結・単独)>連結損益計算書>従業員数
  7. ^ パナソニック、いつの間に「航空会社」に!? 旅客機向けAV機器を強化 シェア8割を確保
  8. ^ [1]
  9. ^ 【全業種】特許資産規模ランキング、トップ3はパナソニック、三菱電機、トヨタ自動車 パテント・リザルト、2014年10月30日
  10. ^ 宮田喜八郎他 『松下電工60年史』 松下電工、1978年 16頁
  11. ^ グラシエラ・クラビオト「戦前・戦時における松下電器の商品開発と組織」
  12. ^ グラシエラ・クラビオト「戦前・戦時における松下電器の商品開発と組織」
  13. ^ ついに白熱電球の生産が終了、パナソニックの白熱電球76年の歴史を振り返る
  14. ^ グラシエラ・クラビオト「戦前・戦時における松下電器の商品開発と組織」
  15. ^ 福田和也「滴みちる刻きたれば:松下幸之助と日本資本主義の精神 第3巻」
  16. ^ 青野豊作「松下幸之助の遺言:“繁栄日本”は必ず実現できる!!」
  17. ^ 『80s日本の雑誌広告』 ピエ・ブックス2007年、168頁。ISBN 978-4-89444-660-1
  18. ^ 子会社(パナソニック電工)の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ|プレスリリース|ニュース|パナソニック企業情報|Panasonic
  19. ^ 「大田弘子元経財相を社外取締役に パナソニック」日本経済新聞2013/2/27
  20. ^ a b 新ブランドスローガンとして「A Better Life, A Better World」を制定 - パナソニック株式会社 プレスリリース 2013年9月4日
  21. ^ オーディオ専用ブランド「Technics」を復活 - パナソニック株式会社 ニュースリリース 2014年9月4日(2014年10月9日閲覧)
  22. ^ テクニクス新製品の発売について - パナソニック株式会社 ニュースリリース 2014年9月29日(2014年10月9日閲覧)
  23. ^ 創業者・松下幸之助も社名変更を考えていた
  24. ^ もう一つのパナ「人事抗争史」 創業家が社名の「松下外し」許した理由 幸之助氏の呪縛は…
  25. ^ a b 松下電器産業株式会社が「パナソニック株式会社」に社名を変更|プレスリリース|ニュース|松下電器産業株式会社
  26. ^ 「パナソニック株式会社」への社名変更が正式決定|プレスリリース|ニュース|松下電器産業株式会社
  27. ^ 『ロゴの秘密』 高橋書店編集部、高橋書店2013年、24-25頁。ISBN 978-4-471-19122-1
  28. ^ 新聞記者の勉強の不足!パナソニックについて---- 2008.1.12
  29. ^ パナ、“昔の名前”が中国で存在感…人民の憧れ「松下」で巨大市場の巻き返しなるか”. 産経新聞. 2015年10月26日閲覧。
  30. ^ [2]
  31. ^ 子会社(三洋エナジートワイセルおよび三洋エナジー鳥取)との会社分割等および子会社の株式の譲渡に関する基本合意のお知らせ - 三洋電機ニュースリリース 2009年10月28日
  32. ^ 湖南科力遠新能源股份有限公司への車載用ニッケル水素電池事業の譲渡について - パナソニックニュースリリース 2011年2月1日
  33. ^ “パナソニック、ヘルスケア事業の一部をコニカミノルタに譲渡”. ロイター. (2013年7月26日). http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYE96P09D20130726 2013年7月27日閲覧。 
  34. ^ “パナソニック株式会社とKKRによるパナソニック ヘルスケア株式会社の株式譲渡契約締結および共同持株会社設立に関するお知らせ”. パナソニック株式会社、コールバーグ・クラビス・ロバーツ・アンド・カンパニー・エルピー. (2013年9月27日). http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/09/jn130927-2/jn130927-2.pdf 2013年9月29日閲覧。 
  35. ^ 松下幸之助の生涯:25. M矢の商標を制定 1920年(大正9年)
  36. ^ 松下幸之助の生涯:76. M矢の社章を三松葉に改訂 1943年(昭和18年)
  37. ^ 2011 Global 100 List(2012年1月20日時点のアーカイブ
  38. ^ [3]
  39. ^ [4]
  40. ^ ブランド戦略サーベイ2015年
  41. ^ 企業ブランド大賞2015
  42. ^ 松下電器、社名も「パナソニック」に ブランド名と統一 asahi.com 2008年1月10日(2008年1月13日時点のアーカイブ
  43. ^ オーディオ専用ブランド「Technics」を復活。音・音楽の感動を創出”. 2014年10月14日閲覧。
  44. ^ 今、振り返る「Technics」誕生秘話。創設者の一人、石井伸一郎氏に聞く”. 2014年10月14日閲覧。
  45. ^ 松下、Technics製品の販売を2005年末で終了”. 2014年10月14日閲覧。
  46. ^ なぜTechnicsは復活したのか? 低価格機の可能性は? パナソニック、3人の事業責任者に聞く”. 2014年10月14日閲覧。
  47. ^ 松下電器のグローバルブランド戦略
  48. ^ [5](2004年8月5日時点のアーカイブ
  49. ^ 「ジャイロアンテナ」は後年になってラジオレコーダー「RF-DR100」にて復活。
  50. ^ 独立行政法人産業技術総合研究所 - テープレコーダーRQ-303マイソニックのデザインプロセス(PDF)
  51. ^ ブランド”. パナソニック. 2014年12月4日閲覧。
  52. ^ 『60s日本の雑誌広告』 ピエ・ブックス2010年、pp.143・151。ISBN 978-4-89444-844-5
  53. ^ IPCとのワールドワイド公式パートナー契約に調印 - パナソニック株式会社 プレスリリース 2014年10月15日
  54. ^ 年末年始は「NNNニュース&スポーツ」に代替・振替提供
  55. ^ 実質は2015年1月6日のMBS制作「世界の日本人妻は見た!2時間スペシャル」より番組提供中
  56. ^ ニュースリリース:石油機器製品の生産完了について(2005年12月11日時点のアーカイブ
  57. ^ FF式石油温風機及び石油フラットラジアントヒーター 安全確保のための再度の『謹告』について|Panasonic
  58. ^ 謹告 23年~17年前のナショナルFF式石油暖房機を探しています|ホームアプライアンス社|Panasonic
  59. ^ パナソニック1・5億円所得隠し 大阪国税局が指摘 47NEWS 2010年6月1日
  60. ^ パナソニック申告漏れ 2年間で118億円 朝日新聞 2012年5月1日[リンク切れ]
  61. ^ パナソニック:100億円申告漏れ 海外子会社取引で 毎日新聞 2014年5月15日
  62. ^ 「ナショナル・パナソニックエコキュート無料点検・部品交換のお知らせ」(パナソニック公式サイト内リコール社告)
  63. ^ 「103万台大規模リコールへ、パナソニックエコキュート圧縮機破裂事故5件。”人的被害発生のおそれ”」(2014年7月25日付・MSN産経ニュース)
  64. ^ 「パナソニック エコキュート103万台リコール」(2014年7月25日付・朝日新聞デジタル)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松下電器産業」の関連用語

松下電器産業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

PlayStation 3

NB100

Opera

京ぽん

Microsoft Arc Mouse

hTc Z

多方向分岐

LifeCam





松下電器産業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリパナソニックの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパナソニック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS