エリトリアとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > エリトリアの意味・解説 

エリトリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/03 04:09 UTC 版)

エリトリア国(エリトリアこく)、通称エリトリアティグリニャ語: ኤርትራ Ertra, アラビア語: إرتريا‎ Iritriyya)は、アフリカの角とよばれるアフリカの北東部にある国である。




  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]
  2. ^ アスマラ便り3”. 佐藤寛. 2015年9月20日閲覧。
  3. ^ a b Eritrea's human rights record comes under fire at United Nations”. the gurdian (25 October, 2013). 19 october, 2015閲覧。
  4. ^ a b Eritrea Human Rights Overview Human Rights Watch
  5. ^ Eritrea - definition of Eritrea in English from the Oxford dictionary
  6. ^ Eritrea | Definition of Eritrea by Merriam-webster
  7. ^ ダイビングについて”. エリトリア大使館. 2015年10月19日閲覧。
  8. ^ フィルフィルの森”. エリトリア大使館. 2015年10月19日閲覧。
  9. ^ TOKYOキャラクターフォーラム地球!なかよし計画”. エリトリア大使館. 2015年10月23日閲覧。
  10. ^ Massawa-climatemp.info 2012年6月26日閲覧。
  11. ^ Weatherbase:Historical Weather for Assab, Eritrea,2012年6月26日閲覧。
  12. ^ Asmara Climate Normals 1961–1990”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2015年1月13日閲覧。
  13. ^ Weatherbase: Historical Weather for Ak'ordat, Eritrea”. Weatherbase (2011年). 2015年5月閲覧。 Retrieved on November 24, 2011.
  14. ^ Report of the commission of inquiry on human rights in Eritrea”. UNHRC website (2015年6月8日). 2015年6月9日閲覧。
  15. ^ “地中海難民という「臭い物」にフタをしたいEUの人道主義また排外主義について”. Yahoo!ニュース. (2015年5月8日). http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakasonemasanori/20150508-00045526/ 2015年5月9日閲覧。 
  16. ^ “エリトリア難民、命がけの逃亡 失う物は何もない”. スイス放送協会. (2014年9月16日). http://www.swissinfo.ch/jpn/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E9%9B%A3%E6%B0%91-%E5%91%BD%E3%81%8C%E3%81%91%E3%81%AE%E9%80%83%E4%BA%A1-%E5%A4%B1%E3%81%86%E7%89%A9%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84/40694210 2014年9月24日閲覧。 
  17. ^ CSW-USA on Eritrea CSW
  18. ^ Eritrea: Asmara Lashes Out at UN's 'Vile Slanders'”. AllAfrica news website (2015年6月10日). 2015年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月24日閲覧。
  19. ^ Eritrea Tops List of World Press Censors”. Media Alliance (3 May, 2015). 19 October, 2015閲覧。
  20. ^ a b ERITREA 20 YEARS OF INDEPENDENCE, BUT STILL NO FREEDOM (PDF)”. Amnesty International Publications (2013年). 19 October, 2015閲覧。
  21. ^ The 10 Most Censored Countries in the World”. The Cheat Sheet. 19 October, 2015閲覧。
  22. ^ エリトリア国内事情の調査報告書”. デンマーク入国管理当局. 2015年9月20日閲覧。
  23. ^ 私の闇の奥 なぜエリトリアだけを”. 2015年9月20日閲覧。
  24. ^ 28 May 2013. UN Human Rights Council. Report of the Special Rapporteur On the Situation of Human Rights in Eritrea, para. 43
  25. ^ “地中海難民という「臭い物」にフタをしたいEUの人道主義また排外主義について”. Yahoo!ニュース. (2015年5月8日). http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakasonemasanori/20150508-00045526/ 2015年5月9日閲覧。 
  26. ^ a b c d e データブック オブ・ザ・ワールド(2010)p.259-260
  27. ^ 外務省 エリトリア基礎データ
  28. ^ 外務省 エリトリア基礎データ
  29. ^ ―「アスマラ宣言」の意義 京都精華大学 楠瀬佳子
  30. ^ アフリカNOW No.73(2006年発行)”. アフリカ日本協議会. 2015年9月20日閲覧。
  31. ^ エリトリア、宗教法人への統制強化”. Christian Today. 2015年9月23日閲覧。
  32. ^ 信仰ゆえに投獄されているエホバの証人”. エホバの証人. 2015年9月23日閲覧。
  33. ^ アフリカ子供白書2008”. 日本ユニセフ協会. 2015年10月19日閲覧。
  34. ^ 「旅する満点バイク」”. 山田美緒. 2015年10月31日閲覧。


「エリトリア」の続きの解説一覧

エリトリア

出典:『Wiktionary』 (2011/05/10 17:43 UTC 版)

固有名詞

  1. アフリカ東部にある正式名称エリトリア国首都アスマラ

翻訳






エリトリアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エリトリア」の関連用語

エリトリアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

蔦漆

脛骨

EMONSTER

ミント・フラッペ

デンタータ・ヴァリエガータ

節分

真田彩子

奥寺堰





エリトリアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエリトリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエリトリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS