ウメイロモドキとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > ウメイロモドキの意味・解説 

梅色擬

読み方:ウメイロモドキ(umeiromodoki)

フエダイ科海水魚


ウメイロモドキ

学名Caesio teres 英名:Redfin fusilier
地方名ウメイロアカジューグルクンアカヂュマー 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目タカサゴ
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
岩礁域や沿岸サンゴ礁周辺生息している。タカサゴ科に属するものとしては体高が高い方である。体は全体的に鮮やかで、背の部分青色背びれ尾びれ黄色、腹は白っぽい。ユメウメイロに似るが、背びれ黄色は鮮やかである。雑食性プランクトンも食べる。追い込み漁漁獲される。かなりおいしく琉球列島では塩焼き刺身にしたりして食べる。

分布:琉球列島以南インド西部太平洋熱帯亜熱帯 大きさ:35cm
漁法:追い込み網 食べ方:刺身塩焼き煮付け

ウメイロモドキ

ウメイロモドキ
ウメイロモドキ
ウメイロモドキ
ウメイロモドキ
名称
ウメイロモドキ
飼育園館
葛西臨海水族園
生息地
本州中部以南から西太平洋
体の大きさ
全長35cm
えさ
つぎのをご覧ください
特徴
日中、海の中で見ると、青い体色背中から尾びれにかけての黄色対照的な、美しです。しかし、夜間や、釣り上げられた時などには、体全体赤みをおび、濃い紫色変わります。ふだんは、沿岸岩場サンゴ礁のまわり大きな群れをつくり、泳ぎ回っています。雑食性プランクトンも食べます。ウメイロモドキやタカサゴなどのは、沖縄地方では「グルクン」と呼ばれ、追い込み網大量漁獲され、食材として最もよく親しまれているのひとつです。
 
“ウメイロモドキ”に関連するニュース・催し物はこちら(2件)

梅色擬

読み方:ウメイロモドキ(umeiromodoki)

フエダイ科海水魚






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウメイロモドキ」の関連用語

ウメイロモドキのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

イトヒキダラ

フタコブラクダ

ヤマネ

コブダイ

マダイ

アフリカタテガミヤマアラシ

ヘダイ

クダゴンベ





ウメイロモドキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2017 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS