アピストグラマ・アガシジィ ブルーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > 熱帯魚 > アピストグラマ・アガシジィ ブルーの意味・解説 

アピストグラマ・アガシジィ “ブルー”

通称:アピストグラマ・アガシジィ “ブルー
学名Apistogramma agassizii (Steindachner, 1875)
サイズ:約10cm
水温2629度(2332度)
pH:5.0~7.0(4.0~8.0)
水温pH最適な値と共に()中にある値は飼育可能な適応範囲を表しています。
熱帯魚生き物ですので数値はあくまで参考程度としてお考えください
アピストグラマの中では最もポピュラーなアガシジィですが、産地によって色彩バリエーションも豊富でコレクション性の高い熱帯魚言えます。 本種は非常に青色強く赤色がほとんど現れない個体郡です。 
飼育について
アピストグラマ仲間弱酸性軟水を好むですが、アガシジィのような丈夫な種類は、 慣れれば弱アルカリ性硬水でも飼育は可能です。 繁殖を望む場合産地データ合わせ水質で飼育するのが好ましいと言えます。

アピストグラマ仲間亜硝酸濃度増加弱く水質悪化により松かさ病やポップアイ症 などに罹りやすくなることが多いです。 飼育をする際には充分濾過の効いた水槽で 飼育することができればそれほど飼育は難しいものではありません。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アピストグラマ・アガシジィ ブルー」の関連用語

アピストグラマ・アガシジィ ブルーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フレーム・テトラ

ナンナカラ・アノマラ

ペルヴィカクロミス・プルケール

ロイヤル・ファロウェラ

メコン・フグ

ラスボラ・カロクロマ

アピストグラマ・アガシジィ ブルー

ブルー・プラティ





アピストグラマ・アガシジィ ブルーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オオツカ熱帯魚オオツカ熱帯魚
Copyright:(C) 2016 otsuka-nettaigyo, All Rights Reserved.
オオツカ熱帯魚熱帯魚写真館

©2016 Weblio RSS