じょうとうしきとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 空調用語 > じょうとうしきの意味・解説 

じょう とうしき じやう- [3] 【上棟式】

建築儀礼の一。上棟のとき,工匠などが神をまつって行う儀式上棟祭棟上(むねあ)げ式。

じょうとうしき 上棟式

棟上式」ともいい、建前が終わって棟木引上げ取り付けることを象徴する儀式木造以外の構造棟木のない構造場合でも主要架構工事が終わったとき、適宜この儀式を行う。棟木屋根頂部建前木造家屋において柱・梁等の主要部分を組み立てること。

上棟式

【用  語】上棟式
よみがなじょうとうしき
【意  味】
 上棟棟上げともいう。建物最上部の部材取り付ける儀式的な意味と、これから建築をやってくれる大工さんや職方さんとのコミュニケーションを図るという意味で大切な役割を果たしている。

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「じょうとうしき」の関連用語

じょうとうしきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




じょうとうしきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2014 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2014 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典

©2014 Weblio RSS