Blu-ray Disc 耐久性

Blu-ray Disc

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/12 07:15 UTC 版)

耐久性

耐久性に問題があった当初の規格ではカートリッジがついていた(右)。のちにベアディスクに改良(左)。

以下の理由により、BDはDVD用などのBD非対応の不織布ケースに入れると記録面が破損するおそれがあるため、繊維をきめ細かくしたBD対応の不織布ケースが販売されている[発表 18]

初期製品

BD規格の機器や、対応ディスクが発表された当時の技術では、対応メディアの表面に些細な汚れや傷がついただけで、そのメディアが使用不能状態に陥るほどの脆弱性に悩まされ、対策として、カートリッジ内にディスクを密閉する方式を採用した。

カートリッジ入りのため、メディア全体の容積が増え、取り扱い性の悪さや、ノートパソコン向けドライブの小型化が難しいという点で、BD普及の大きな障害となっていた。

また、DVDはハードコーティング製品を除き傷のついた部分を均一に研磨すれば使用できるが、BDは保護層が0.1mmと非常に薄いため、初期のメディアでは表面研磨をすると再生できなくなる。

耐久性の向上

BD-ROMやBD-Rは、規格制定当初からHD DVDと同様、カートリッジを必要としないベアディスクであり、BD-REものちにバージョン2.0で「ベアディスク」に対応させることになった。それぞれの物理フォーマットには、メディアの表面硬度に関する規定が追加された。このベアディスク化を実現するため、ハードコート技術の開発が急務となった。

これに対応する技術として、TDKがディスクの耐久性向上技術「DURABIS(デュラビス)」を開発。このDURABISをはじめとする各種ハードコート技術により、傷や汚れなどによる問題や、小型ドライブの問題も解決のめどが立ち、HD DVDに対して対等、もしくはそれ以上の条件が揃った。

初期のBDドライブは、ピックアップレンズとディスク表面までの距離[注 21]が0.3mm程度であり、HD DVDの1mm程度と比較すると3分の1しかなく、表面カバー層も0.1mmと非常に薄いため、振動でピックアップレンズとディスクが衝突しやすかった。そこで車載などの用途への仕様を満たすため、接近検知時間がDVDの3分の1以下のより高精度な接近検知システムを搭載することとなった。接近検知時間は0.8msとなっている[注 22]

DURABIS

DURABIS(デュラビス)は、TDKのハードコート技術の名称である[27]: DURABILITY(耐久性)と: SHIELD(盾/保護物)からの造語で、優れた耐久性を表現するよう命名された。傷に強くスチールウールで100〜200回擦ったぐらいでは影響がほとんどないほどの耐久性を持つ。また、指紋汚れやチリ・ほこりがつきにくい[注 23]。ただし、ディスクが傷に強いからと言って、ドライブのレーザー光の耐久性でディスクが読み込めなくなることもある。

DURABISは、当初青紫色半導体レーザー方式第3世代光ディスク(BDやHD DVD)向けに開発された技術であり、のちにDVD・BD用途へと採用された[発表 19]。従前、TDKではDVDにおいては「超硬(スーパーハードコート)」(欧:Scratch Proof Disc、米:Armor Plated Disc)としてハードコート技術を展開しており[27]、すでにDVD-Rで「超硬」「UV超硬」ブランドを掲げた製品を発売していたが、BDへのハードコート技術の展開を期にブランド名を「DURABIS」に統一した[27]。DVDに最適化したものを「DURABIS1」、BD用を「DURABIS2」、放送用を「DURABIS PRO」としている。

2006年(平成18年)4月18日に、「DURABIS2」を採用したBD-R/REディスクを発売した。なお、同社は2007年(平成19年)には8年後の2015年(平成27年)12月末以降の光ディスク(グループ企業のイメーション製品のBlu-ray DiscメディアとDVDメディアを含む)の新製品の開発と製造終了とともに全面撤退することを発表しており、すでに撤退している。


注釈

  1. ^ BDの普及を目的とする団体である。前身はBlu-ray Disc Founders(ブルーレイディスクファウンダーズ、略称BDF)。
  2. ^ なお、bluイタリア語では「青い」を指す形容詞である。
  3. ^ a b BDXL規格。
  4. ^ a b c 広義にはBDXLも複層に含まれる。
  5. ^ a b XLはExtra Largeを指す。
  6. ^ ただし、SACDには対応する機種と非対応の機種が混在する。
  7. ^ 録画用ディスクにデータを記録することもDVDなどと同様に可能。
  8. ^ 私的録音録画補償金制度#デジタル放送専用レコーダーの私的録画補償金に対する訴訟を参照。
  9. ^ DVDはUDF 2.0を採用。
  10. ^ アップデートにより読み取り / 再生できる場合はある。
  11. ^ BD-R Ver.1.1非対応のBDレコーダー以外は、殆どの機種がファームウェアの更新で対応されている。
  12. ^ CD-RWとDVD-RWは1,000回以上、DVD-RAMは10万回以上、光磁気ディスク方式は100万回以上。
  13. ^ カートリッジはオプションである。
  14. ^ システムソフトウェア バージョン3.50より。
  15. ^ 後継機種のPlaystation 5ではBlu-ray 3Dには非対応となった。
  16. ^ MPEG-2H.264/MPEG-4 AVCとの単純比較では概算として圧縮効率に約2倍程度の能力差があるとされている。従ってMPEG-2からH.264/MPEG-4 AVCに変えることで記録時間の観点からは同じ画質なら2倍の記録時間が期待でき、画質の観点からは同じ記録時間なら画質の記録・再現に2倍のデータ量を割り当てることが期待できる。なお、映像などの記録・再現に2倍のデータ量を割り当てた結果が、「画質が2倍良くなる」という評価に必ずしもならない点に注意。
  17. ^ 当時のHDDVDにはリージョンコードが存在しなかった。
  18. ^ RCAなどによるアナログ接続は禁止されていない。
  19. ^ 各機種の機能やソフトウェアに依存する。
  20. ^ 現にマイクロソフトはDVD自体を公式に認めていないが、DVDがメディアの主体となったように今回のHD DVD支持も規格争いへの直接的な影響は事実上およぼさなかった。
  21. ^ 作動距離。
  22. ^ DVDは3msである。
  23. ^ ネットランナー』で実験が行われた[28]
  24. ^ Macと名前こそついているものの、macOS版の他にWindows版も存在している。
  25. ^ 再生用の解読キーをダウンロードするのにインターネットを使用する為、使用にはインターネット接続を必要とする。
  26. ^ リージョンコードが同じであるため。
  27. ^ 後継のPlayStation 4もBD対応。
  28. ^ 販売提携を結んでいるワーナーホームビデオ向けには先行供給している。
  29. ^ 完全撤退に伴いBlu-rayディスクなどの記録メディアに関する新製品の開発と既存製品の追加製造自体は終了するが、TDKブランド製品のアフターサービスのみに関しては2020年12月末まで継続すると発表。
  30. ^ PlayStation 5 デジタル・エディションを除く。

出典

  1. ^ 参考文献:『図解 ブルーレイディスク読本』、小川博司・田中伸一 監修、オーム社、2006. ISBN 4-274-20341-7
  2. ^ ブルーレイディスクとは よくわかる!ブルーレイディスク ブルーレイディスクを上手に楽しく活用しよう! - ウェイバックマシン(2010年3月9日アーカイブ分)
  3. ^ ブルーレイの仕組み!AACSとは?”. 2024年4月12日閲覧。
  4. ^ 【ODS】TDK、容量200Gバイトの6層追記型Blu-ray Disc媒体を実現 - Tech-On! 2006年4月26日
  5. ^ Pioneer showcases 16-layer 400GB optical disc - Jimmy Hsu, Taipei; Adam Hwang, DIGITIMES 1 December 2008
  6. ^ 後のオージン・コーポレーション
  7. ^ 1枚で1Tバイト、TDKが16層の光ディスクを公開”. www.itmedia.co.jp. くらテク (2010年10月16日). 2020年5月11日閲覧。
  8. ^ 片面256GB/両面512GBの次世代光ディスク、1TB超えも視野に - パイオニア”. news.mynavi.jp. マイナビニュース (2014年5月14日). 2020年5月11日閲覧。
  9. ^ 記録媒体は「紙」へと回帰? 凸版印刷とソニーが紙基板のBlu-ray Discを開発 - Tech-On! 2004年4月15日
  10. ^ 【続報】はさみで切れるBlu-ray Disc,その起源は紙製の飲料缶だった - Tech-On! 2004年4月16日
  11. ^ 日本ビクター、トウモロコシのでんぷんから合成したポリ乳酸製のDVDメディアを開発 - Tech-On! 2004年12月6日
  12. ^ 世界初の片面Blu-ray/DVDハイブリッドディスクを公開 - AV Watch 2008年12月19日
  13. ^ パナソニック、世界初3D再生対応「ブルーレイDIGA」
  14. ^ シャープ、Blu-ray 3D対応レコーダ「AQUOSブルーレイ」
  15. ^ 【レビュー】ソニー、ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-AT900」
  16. ^ 東芝、RD-X10などBDレコーダ「REGZAブルーレイ」
  17. ^ パナソニック、3D対応+BD/HDD簡単録画の新「VIERA」
  18. ^ 三菱電機、3D対応液晶テレビ「REAL MDR1シリーズ」を10月発売
  19. ^ ソニー、3D再生やW録対応の録画TV「BRAVIA HX80R」
  20. ^ Shambling corpse of 3D TV finally falls down dead”. CNET (2017年1月17日). 2018年12月19日閲覧。
  21. ^ 3Dテレビ時代の終焉。'17年テレビから3D対応機種が無くなった理由”. インプレス (2017年6月9日). 2018年12月19日閲覧。
  22. ^ BDXLって何?:日本経済新聞
  23. ^ ASCII.jp:BDXLでHDDを光学ディスクにバックアップする技(1/3)
  24. ^ 次世代光ディスクの画質を上げるPHLエンコーダーとは? - ITmedia +D LifeStyle 2006年9月1日
  25. ^ 本田雅一のAV Trends 最高品質を求めたBD版「パイレーツ」制作の裏側【後編】〜 ディズニーがDIマスターを初蔵出し 〜 H.264エンコーダもパイレーツに最適化 - Impress AV Watch 2007年5月24日
  26. ^ Javaが映像とネットをつなげる CGMを採り入れる次世代DVDの世界 - @IT 2007年5月12日
  27. ^ a b c TDK、超硬などのハードコート技術名を「DURABIS」に統一AV Watch
  28. ^ ネットランナー8月号「いけにえ君 アバッ! ヒデブゥ」コーナー
  29. ^ SPHE、世界初のBlu-ray Discソフトを6月20日から発売開始-「ターミネーター」など7作品。22.99ドル〜
  30. ^ Blockbuster Says It Will Back Blu-ray in DVD Format Wat - The New York Times 2007年6月18日
  31. ^ 米Blockbuster、Blu-ray支持表明――「レンタル数で大差」 - ITmedia News 2007年6月19日
  32. ^ レンタルソフト事業者など22社、国内初のBlu-rayソフトのテストレンタルニュース - CNET Japan - WebBCN 2007年12月5日
  33. ^ Blu-rayビデオの国内レンタルが4日よりスタート - ゲオなどが全国26店舗で試験的に実施。 - IMPRESS WATCH 2008年12月4日
  34. ^ 記録型にもつながる? 2層BD-ROM製造の最前線 - ITmedia +D LifeStyle 2006年2月27日
  35. ^ ソニー、2層BD-ROM生産ラインをプレス向けに公開 歩留まりは「1層で85%、2層で80%程度」 - Impress AV Watch 2006年9月1日
  36. ^ 中国華録集団とAcerがBlu-rayを支持。BDAに加盟 - 松下が中国におけるBDオーサリングを技術支援 - Impress AV Watch 2007年8月31日
  37. ^ 出典[リンク切れ]
  38. ^ Blu-rayビデオの国内レンタルが4日よりスタート - Impress AV Watch 2007年12月4日
  39. ^ TSUTAYA、7月19日から全国1,339店舗でBlu-rayレンタル開始 Archived 2008年7月19日, at the Wayback Machine. - AV watch 2008年7月15日
  40. ^ 東芝・西田氏、Blu-rayは「負けたから一切やらないということではない」 - ITmedia News 2009年6月25日
  41. ^ ソニー、世界初の4層128GB BD-Rを11月発売。新4K衛星放送の録画訴求 - AV Watch 2018年10月18日
  42. ^ パナソニック、録画用Blu-rayディスクを2023年2月に生産終了”. マイナビニュース (2023年1月24日). 2023年1月24日閲覧。
  43. ^ ブルーレイディスク生産終了のお知らせ(Panasonic)”. 2023年1月24日閲覧。
  1. ^ Blu-ray Disc Technical White papers
  2. ^ BD-RE Technical White papers
  3. ^ BD-R Technical White papers
  4. ^ BD-ROM Technical White papers
  5. ^ BDA
  6. ^ “ブルーレイディスクのしくみ”. Sony. http://www.sony.jp/bd/about/technology/index.html 2013年9月21日閲覧。 
  7. ^ BDディスクのDLとは何ですか?|「ブルーレイディスクの仕様について」よくあるご質問|FAQ|個人のお客様向けサイト - マクセル
  8. ^ ブルーレイディスクの種類と使い分けについて知りたい | パソコン豆知識 | VAIOを活用するためのお役立ち情報 | 使いかた/取扱説明 | パーソナルコンピューター VAIO® | サポート・お問い合わせ | ソニー
  9. ^ 世界初、多層(16層)光ディスク技術を開発 - パイオニア 2008年7月7日
  10. ^ 世界初!記録層に有機色素を使った、追記型ブルーレイディスク6倍速BD-R LTH TYPE を開発・生産 - 三菱化学メディアからのプレスリリース 2009年5月21日
  11. ^ 参考
  12. ^ JVC Develops World's First Blu-ray/DVD Combo ROM Disc Technology - JVC Press Releases(英語、PDF形式) 2004年12月24日
  13. ^ プレスリリース参考訳
  14. ^ ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BDT900 を発売
  15. ^ a b ブルーレイディスク「BDXLTM」特設ページ|最新情報/トピックス|Blu-ray™・DVDディスク|お客様サポート|Panasonic
  16. ^ Blu-ray Disc for Video” (2006年). 2007年1月14日閲覧。
  17. ^ Panasonic DIGA 公式サイト
  18. ^ ブルーレイディスクの正しい保管方法サンワサプライ
  19. ^ スーパーハードコートの技術名をDURABIS(デュラビス)に統一し、グローバルに幅広く展開。 - TDKプレスリリース 2005年1月6日
  20. ^ 撮像から記録まで1920×1080画素のフルハイビジョンで一貫して処理するための民生用ビデオカメラ向け基幹技術を新開発 - 日立製作所プレスリリース 2007年7月20日
  21. ^ HITACHI Wooo World ビデオカメラ BDカメラ商品紹介 - 日立製作所
  22. ^ 世界で初めてBDを記録メディアに採用した『BDカム(ブルーレイカム)』Wooo 2機種を発売 - 日立製作所プレスリリース 2007年8月2日
  23. ^ 世界初ビデオカメラ用8cm Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)追記型BD-R / 書換型BD-RE ディスク新発売 - 日立マクセルニュースリリース 2007年8月2日
  24. ^ 世界初! ブルーレイディスク(BD)ビデオカメラに対応した8cmブルーレイディスクを発売 - 三菱化学メディア株式会社プレスリリース 2007年8月2日
  25. ^ ブルーレイディスクレンタル、4月12日(土)よりゲオショップ800店にて取扱開始 - ゲオ 2008年3月17日
  26. ^ TSUTAYAグループ ブルーレイディスクレンタルを3月19日より開始 [リンク切れ] - TSUTAYA 2008年3月17日
  27. ^ 青紫色半導体レーザーの生産体制及びビジネスの強化、Sony Japan プレスリリース 2007年4月23日
  28. ^ ニュースリリース - ゲオ 2008年3月17日
  29. ^ ブルーレイディスクアソシエーション UltraHDBlu-rayTM規格策定と新ロゴを発表 2015年夏よりライセンス開始へ
  30. ^ TDKのLife On Recordブランドサイト






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Blu-ray Disc」の関連用語

Blu-ray Discのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Blu-ray Discのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBlu-ray Disc (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS